ここから本文です

「茶々役の竹内結子さんから『もうっ』って言われました」片桐且元(小林隆)【真田丸 インタビュー】

エンタメOVO 10/9(日) 20:46配信

 NHKの大河ドラマ「真田丸」で、豊臣秀吉(小日向文世)の死後、徳川家康(内野聖陽)との交渉役になる豊臣家の重臣、片桐且元を演じている小林隆。常に板挟みの立場にあった片桐の苦悩の人生を語る。



-且元はどんな人物だと考えていますか。

 最初は坪内逍遥の「桐一葉」で描かれているイメージでした。三谷(幸喜)さんもそう言っていました。でも同時に「めちゃくちゃ情けなくても面白いよな」とも言っていたんです。どうもそっちにかじを切っちゃったようで(笑)。秀吉が石田三成(山本耕史)と共に北近江で見いだした人間なので、できる人ではあると思いますが、何をやっても裏目に出る“人生の間が悪い人”です。

-演じる上で悩みましたか。

 最初はね。史実と作家(三谷)との板挟み。これぞ究極の板挟みです(笑)。以前大阪城でのトークショーのときに、天守閣の館長さんからいきなり「且元を主人公にしてドラマができるぐらいすごい人なんです」って言われて、心の中で「ごめんなさい。僕のせいじゃないんですけど」と謝りました(笑)。

-でも小林さんが演じることで、視聴者は愛すべき人間だと感じられます。

 演じる上で「常に相手をおもんぱかる」ということをテーマにしました。だからどっちの意見も聞いて、よく理解する。話す時も言葉を尽くす。ばかが付くほどの正直者です。

-その実直さは、普段の小林さんにもあるものですか。

 たぶん、たぶんね。そこは三谷さん見越していますね。僕がやれば、たぶんそこまで書いても嫌らしくならないと考えたのだと思います。劇団(三谷主宰の東京サンシャインボーイズ)のころから情けない役をやっていましたから、懐かしい感じがありました。

-そんな且元は、豊臣家と徳川家康との交渉役になりますね。

 関ヶ原で多くの武将がいなくなり、孤軍奮闘します。釣り鐘に記してある文字の中に「徳川をのろい、豊臣の安泰を願う表現がある」という疑惑が浮上する方広寺鐘銘事件では家康に必死に弁明しますし、豊臣秀頼の処遇を巡って高度な政治的交渉もします。

-その過程が豊臣家には且元の裏切りと映ります。

 且元は「すべて殿下(秀吉)のために」という気持ち。殿下に頼まれた秀頼さま、茶々さまをお守りするという思いだったのでしょうが、暗殺される可能性まで出てきますからね。豊臣の足並みがそろわないのであれば、出ていくしかないという気持ちでしょう。茶々役の竹内結子さんには「もうっ」って言われるし、スタジオで会った長澤まさみさんからは「あっ、裏切る人だ」と言われちゃいました(笑)。秀頼のために三成と植えた桃と天守閣を見て「秀頼さまが立派に成長すればもう一回豊臣の世が来るかもしれない」と若君に託して城を去るーンでは、演じていてぐっときました。

-そんな豊臣家に対して家康はついに行動を起こします。

 大坂冬の陣のきっかけはひとえに且元のせいみたいになってきている(笑)。

-且元が大活躍する回があるそうですね。

 39のシーンのうち26のシーンに出てずっとしゃべっています(笑)。大坂の陣になだれ込む大事な回です。

-撮影はいかがですか。

 幼少時の秀頼を演じた子役の子がよく懐いてくれて、撮影が終わるとわーって抱き着いてきてくれるんですよ。それを見た監督は「(秀頼は)且元の子だったのか」って。新しい説が出てきました(笑)。

-ここ数年の三谷作品では重要な役への起用が目立ちます。三谷さんの愛情は感じますか。

 そうですねえ(笑)。今回、ちょっと買いかぶりすぎじゃないかと思うぐらい、難しいシーンを書いてくれるんです。「小林ならできる」と思ってくれているのかなとも思うし、その期待には応えなきゃなって思います。

-歴史好きとお見受けしますが、歴史上の人物で演じたいのは?

 それはないです。役を振られたい方ですね。「こんな役がきた」って喜びたいし、驚きたいですから。

最終更新:10/10(月) 12:15

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

なぜ今? 首相主導の働き方改革