ここから本文です

早すぎ&熟れすぎた果物のおいしい料理術とは?

NEWS ポストセブン 10/9(日) 7:00配信

 フルーツの秋だが、早すぎ&熟れすぎた場合にはどのように食べるのが正解なのか? 食べ頃を外してしまったくだものを、おいしく食べるレスキューレシピを野菜ソムリエの牧野悦子さんに聞きました。

【なし】
 酸っぱいものや、やわらかくなってしまった場合、すりおろして調味料代わりに。

「甘みと酸味を生かしたドレッシングにするのも◎。たんぱく質分解酵素が含まれているので、すりおろしたなしの果汁に肉を漬けておくと、おいしくなります」(牧野さん、以下「」内同)

【ぶどう】
 熟しすぎたぶどうは、自家製干しぶどうに。

「天日で干しても作れるが、オーブンを使うと天候に左右されず便利。作り方は、オーブンシートの上にぶどうを並べ、はじめに100℃の低温で2時間ほど加熱したら、1時間以上冷ます。

 その後、さらに30分単位で加熱し、ゆっくり冷ますのを繰り返し、好みの乾燥状態に。途中、トレイの前後を入れ替えると加熱ムラになりにくい。また、皮ごと冷凍してもおいしい」。

【柿】
 柿は、追熟しすぎるとトロトロに。

「この状態になると皮はむきにくいので、半割にしてスプーンで中身を取り出し、ヨーグルトソースなどにするといいですよ。

 また、糖度が高いため冷凍してもカチカチに凍らず、シャーベットのようになります。皮ごと凍らせて、へたの部分を切り落としてスプーンですくって食べても〇」

【洋なし】
 プロでも食べ頃の見極めが難しい洋なしは、硬くて甘みが足りない場合は、バターと砂糖でキャラメリゼに。

「追熟が足りなかった場合は、とにかく焼くこと。砂糖の甘味と香ばしさで、一段上のスイーツが作れます。このレスキューワザは、りんごやなしでも応用できますよ」。

※女性セブン2016年10月20日号

最終更新:10/9(日) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。