ここから本文です

ハリルジャパン辛勝に厳しい声「本田・香川不要論」

R25 10/9(日) 7:00配信

サッカー日本代表は10月6日、W杯ロシア大会アジア最終予選第3戦で、イラクと対戦。2対1で勝利した。後半アディショナルタイムに勝ち越し点を奪うという劇的な展開での勝利だったが、ネット上では厳しい意見も少なくない。

前半26分に原口元気のゴールで先制するも、後半15分に追いつかれた日本代表。FW浅野拓磨、小林悠といった攻撃的な選手を途中交替で投入し、さらにDFの吉田麻也を前線に上げて勝ち越し点を狙うも、なかなか点を奪えずにいた。そして後半アディショナルタイム、フリーキックのこぼれ球を途中出場の山口蛍がダイレクトボレーでイラクゴールに叩き込み、どうにか勝ち点3をもぎ取った。

劇的な勝利だったことは確かだが、少なくとも余裕の勝利とは言いがたい、今回の試合。ツイッターでは、

「日本代表劇的勝利で勝ったのはいいけど、ホームでギリギリの展開。叫ぶほど嬉しかったけど、同時にオーストラリア戦のこわさを感じたよー」
「しかし、サッカー日本代表は不安が残るなぁ。守備がダメ過ぎる。こんなんで戦えるのだろうか?かつては鉄壁の守りだったのが嘘みたい」
「大丈夫か?日本代表。兎に角、安心して試合をみたい」

と、今後の戦いに不安を感じるネットユーザーが多い。

そして、現在の日本代表のなかで槍玉に挙げられることが多いのが、所属クラブでの出場機会に恵まれない海外組の本田圭佑と香川真司だ。本田はイラク戦で先発出場したが、後半に途中交替、香川については先発落ちだった。ツイッターでは、

「やっぱ普段試合出てるかどうかは大切なんやな。いつまでも本田香川じゃあかんもんな。悲しいけど…。 原口、清武、浅野、蛍、これから頼むで!」
「香川出さなくて本当に正解。 むしろ初戦からいらなかった。 岡崎・清武・原口・なんなら浅野でいいんじゃないかぐらいね。本田もいらない。ボール持っても全然ダメ」
「日本代表 思い切って 本田も香川も招集するの やめた方がいいよね。 これまでの貢献度とか 確かにすごいけど 今 調子上げて来てる選手の モチベーションにも影響する気がなぁ」

など、本田・香川の“不要論”も飛び出している。

本田と香川が本調子ではないということで、今後の選手起用が気になるハリルジャパン。11日にアウェーで行われるオーストラリア戦にどんな布陣で挑むのか、注目が集まる。

(小浦大生)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/11(火) 22:53

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。