ここから本文です

ブランジェリーナ 衝撃はジョニー・デップの泥沼離婚劇の倍

NEWS ポストセブン 10/9(日) 7:00配信

 最近井戸端会議の話題になっているのは、アンジェリーナ・ジョリー(41才)とブラッド・ピット(52才)、伊達公子(46才)とドイツ人レーシングドライバーのミハエル・クルム(46才)、2組の夫婦の離婚だろう。ともに10年以上の結婚生活でうまくいっているように見られていただけに衝撃は大きかったようだ。

 タレントでリポーターの菊田あや子さん(56才)は、昨年9月、10才以上年上の男性と初めての結婚をしたが、今年3月には離婚。だからこそ、両者が気になる。

「私の場合は結婚生活6か月というスピード離婚ですから“そりゃそうよね”という感じだと思うんですけど、彼女たちの場合は10年以上一緒にいて、ずっと円満に見えていたにもかかわらず離婚でしょ?

 私も結婚して初めてわかったんですけど、夫婦は妥協と忍耐なんですよ。元夫は例えばカサブランカを飾るのも“花粉が飛び散る”“においが強い”と言って怒る人で、極度の潔癖性やあまりに違う価値観に、私は限界を感じたんですが、世の中の奧さんたちもみなさん、いろんなものをのみこんで、我慢を重ねて結婚生活を送ってらっしゃる。そういう意味で、アンジーは、意外に私たちと変わらないんじゃない?って思ったりするんじゃないかしら(苦笑)」

 菊田さんが共感するのは、アンジーが離婚を決めたという日の1週間ほど前に、子供たちと住むための新居(家賃約950万円)を、見ることもなく手配していたと報じられていること。

「女ってそうなんですよ、“別れる”と決めたら、即行動。つまり下準備をしていたんですよね。だって私も、別れを決めたその日の夜に、ウェブで郵便転送の手続きをしましたから。とにかく一度荷物を運び出さなきゃいけないんですが、部屋を探すとなると時間かかるでしょ?

 じゃあ貸倉庫はっていろいろ見て、あぁ、高いな、もったいないな、って思ったり。でもアンジーはリッチだし、こういうこと、わけないでしょ? おまけに前途洋々ですからね(笑い)」(菊田さん)

1/3ページ

最終更新:10/9(日) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。