ここから本文です

『校閲ガール』石原さとみのファッションは神がかり?

R25 10/9(日) 7:00配信

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)の第1話が10月5日放送された。初回平均視聴率は12.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、好調な滑り出しとなった本作だが、ネットの声をみると、主人公の女優・石原さとみの服装がとにかく可愛い! と目が釘付けになった女性ユーザーが多かったようだ。

同ドラマの原作は、宮木あや子著『校閲ガール』シリーズ。おしゃれ大好き、スーパーポジティブな主人公・河野悦子は、ファッション誌の編集者を目指し、中途採用で出版社に入社したが、配属されたのは原稿の誤りや不備を調べ直す“地味”な校閲部だった。しかし、そんな境遇にめげない河野はド派手なファッションに身を包み、校閲部で奮闘する――。

第1回は、中途採用の様子から校閲部での仕事ぶり、そしてミステリー小説の校閲を任され、大御所作家を激怒させたり、大学生の折原幸人(菅田将暉)に出会って一目ぼれしたりと、盛りだくさんの内容だ。ただ、視聴者が特に気になったのは石原の服装だった。

石原のファッションはパンツスタイルからスカートまで幅広く、またベレー帽やバンダナといった小物もふんだんに盛り込まれており、“オシャレ感”が満載な出で立ち。そんな石原の姿にTwitterには、

「いちいちおしゃれやし 似合ってるしかわいい 石原さとみの為のドラマやん … 需要ありすぎ」
「地味にすごい!の石原さとみの 衣装がかわいい スカーフの使い方最高」
「石原さとみ可愛すぎる しかも衣装とヘアアレも可愛いドストライク」
「石原さとみまじかわいいわ 河野悦子おしゃれすぎ 服参考にしよーーーーー」
「地味にスゴイじゃない、もう石原さとみの可愛さがすごい。オシャレさがすごい。カリスマ感がすごい。 天使見る目でドラマ観たわ」
※上記すべて原文ママ

など、ファッションやヘアアレンジに注目する女性とおぼしきユーザーからの声が続出した。しかし一方で、

「地味すごの石原さとみの服奇抜すぎて石原さとみじゃないと可愛くないやつ」
「石原さとみだからいいけど普通の人がこのファッションしてたら5度見くらいするわ」

と、服装が派手すぎるため「石原さとみだからいいのでは…」というコメントもチラホラ。ただし、

「地味にスゴイの石原さとみの服かわいすぎ!石原さとみだから着こなせるにしても着たい!てゆうか着こなせるくらいの素敵なひとになりたい痩せます」

という投稿にあるように、女性陣のモチベーションを上げることにも一役買っている面もあるようだ。石原といえば、男性からの支持が熱い女優のひとりだが、今回は女性からの注目度の方が高そう。2話以降も、高視聴率をマークするかも?

(花賀 太)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/9(日) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。