ここから本文です

ベッキー 胸元に手をあてる仕草は感謝と復調の兆しか?

NEWS ポストセブン 10/9(日) 16:00配信

 経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、その週、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は久しぶりにマスコミの前に公に姿を見せたベッキーの、今の心境を読む。

 * * *
 久々、ベッキーの顔に本物の笑顔が戻ってきた。10月から始まったFMラジオの新番組にレギュラーが決まり、初めての生放送に数日前から緊張していたというベッキー。向けられたカメラに明るい笑顔で応えていたその心の内とは?

 先月、新聞広告で背中ヌードとショートカットを披露し、心機一転、過去の自分を脱ぎ捨てたのかと話題になったばかり。

 そんな話題性もあって、待ちかまえていた報道陣の前に姿を現したベッキーは、軽やかなショートボブに、ざっくりしたパープル系のニットとスキニーデニムを合わせたカジュアルなコーディネートだった。

 これまで行ってきた一連の会見とは、明らかに違う雰囲気。

 謝罪会見や復帰会見で見せた白いブラウスにフレアスカートの組み合わせは、きっちりかっちりした清純派の優等生的イメージそのまま。そんなこれまで通りのイメージは、見ている視聴者の違和感や否定的感情を、否が応でも高めてしまっていた。

 キャラ変更やイメージチェンジって難しい…。

 だけどこの日、誰からも嫌われまいとする、明るく真面目な“いい子”は、襟元が大きく開いたルーズなビッグニット姿だった。

 ベッキーのプライベートって、こんな感じなんだろうか? でも、レポーターやカメラマンがラジオ局前で、彼女の到着を待っていることぐらい、承知だったはず。新聞広告に続き、素の新しい自分をこういう形であえて演出したのかも…と、つい思ってしまった。

 一皮剥けて大人の女性になった、一言でいえばそんな印象だ。32歳というアラサー年齢からすれば、すでに十分すぎるぐらい大人の女性なのだけど、優等生然とした構えた頑なさが消え、肩の力が抜け、自然でラフな感じを受けた。

1/3ページ

最終更新:10/9(日) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。