ここから本文です

スマホと連動して助けを求めるホイッスル

R25 10/9(日) 7:00配信

事件や事故、はたまた自然災害のニュースにあふれる現代社会。あなたは、何らかの備えをしていますか?

もしかすると「いざというときはスマホが懐中電灯代わりになるし、電話で助けも呼べる」なんて考えている人が多いかもしれません。確かにスマホの機能は非常時にも活躍しますが、声を出せなかったり、スマホを操作しにくい状況に陥ったりする場合だってあります。

そんな、緊急事態のためにスマホと一緒に持ち歩きたいのが『みまもりホイッスル』です。Bluetoothで常時スマホと接続し、ホイッスルを吹くか、本体のボタンを3秒間押すと、スマホから警告音が鳴り、同時に指定した先に自動的に電話を掛けたり、GPSの位置情報をメールで送信したりできます。

難しい操作は必要ない上、笛の音で周囲に自分の存在を知らせながら、遠く離れた頼れる相手にも自分の場所を知らせることができるスグレモノ。

位置情報のメール送信は、解除するまで一定間隔で繰り返すため、自分の位置が刻々と変わってしまうような状況にも対応可能。誤って作動させてしまったり、危機を回避できたりした場合には、スマホの専用アプリから警報を解除します。

いつ、どこで、どんな事態に遭遇しても不思議ではない昨今。自分だけでなく大切な人にもプレゼントしたい一品です。

(青山祐輔)

『みまもりホイッスル』(プリンストン/価格:6458円)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/11(火) 11:48

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

なぜ今? 首相主導の働き方改革