ここから本文です

森カンナ&ココリコ遠藤&武田真治が沢村一樹ドラマに!

Smartザテレビジョン 10/9(日) 10:00配信

10月9日(日)からスタートする沢村一樹主演ドラマ「レンタル救世主」の、10月16日(日)放送第2話に、森カンナ、遠藤章造、武田真治のゲスト出演が決定した。

【写真を見る】ストーカー行為を働くプロデューサー役を演じる遠藤章造

森は、遠藤演じる神保がプロデューサーを務めるラジオ番組の人気DJ・ヒロコ役。神保からストーカー行為を受け、悩んだヒロコがレンタル救世主に依頼を持ち掛けることで物語は進展。だがヒロコの依頼は、一度では済まなかった…。

また、あることで妻・紫乃(稲森いずみ)とけんかをして落ち込む明辺(沢村)と偶然出会い、意気投合する建設現場で働く青年・今泉亮役を武田が熱演する。

森は「ラジオ DJ・ヒロコを演じます。ただ今、絶賛撮影中なのですが現場の皆さんが温かく迎えてくださったので楽しく撮影しております。『レンタル救世主』第2話を盛り上げるべく頑張ります! そして、大いに助けられたいと思います。第2話をお楽しみに」とコメント。

遠藤は「神保という役をやりたくてこの世界に入り、やっと神保に巡り会えました。第4話では“偽神保”、第7話では“女神保”、最終話では“メカ神保”と構想は膨らみますが、まずは第2話の愛の形を間違え凶行に出てしまう“神保”の姿を見ていただきたく思います」と語った。

最終更新:10/9(日) 10:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。