ここから本文です

「真田丸」加藤諒が大河初出演で信繁の娘婿に!

Smartザテレビジョン 10/9(日) 10:00配信

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)に、加藤諒が出演することが分かった。大河ドラマへの出演は今回が初。

【写真を見る】加藤は信繁の娘・すえの結婚相手・十蔵役で登場!

加藤が演じるのは、信繁(堺雅人)の娘・すえ(恒松祐里)の結婚相手・百合十蔵。信濃の宿場・長久保の庄屋でもある。実際に、すえの身の上を案じる信繁とやりとりした書状が現在にも伝わっている。

加藤は、'00年に「あっぱれさんま大先生」(フジテレビ系)で芸能界デビュー。その後は、俳優として映画やドラマに出演している。

「真田丸」には舞台出身者も多いが、加藤も多摩美術大学の造形表現学部映像演劇学科在籍中は、野田秀樹教授の授業を受講していて、インターンシップとして「NODA MAP」にも出演している。

存在感たっぷりの加藤だが、「真田丸」ではどんなキャラクターを見せるのだろうか。

最終更新:10/9(日) 10:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。