ここから本文です

栃木ラーメンのトレンドが一発でわかる!怒濤の新店ラッシュ

東京ウォーカー 10/9(日) 11:00配信

2016年の栃木ラーメン界は独自の変貌を遂げている。竹末ブランドの新店をはじめ、全国を席巻中の煮干しや、進化系鶏白湯など、新しい波が次々に押し寄せている。ラーメン通の間で話題となっている期待のルーキーを総力取材した。

【写真を見る】「麺場 タイヨウ」の醤油中華そば(700円)。 パツンとした歯応えの麺、シャキシャキとした白髪ネギ、ホロホロのチャーシューなど、アクセントに富んだ食感が楽しめる

■ 【竹末待望の直営店】BARRACK D.M竹末

総合ランキングで堂々の1位に輝いた「ラーメン専門店 E.Y竹末本店」の新ブランド。丸鶏、鶏ガラ、モミジ、手羽を9時間じっくりと炊いた鶏白湯スープは、ふくよかな甘味が口の中に広がる完成度の高い味わい。評判のチャーシューは計5種類あり、日替りで3種類を提供している。

■ 【淡麗醤油】麺場 タイヨウ

平日は会社員として企業に勤める店主の好きが高じて、土日のみラーメン店をオープン。鶏ガラをベースに、数種類の煮干しと節からダシを取り、ポルチーニオイルで上品に香り付けをした清湯がウリ。丁寧にアクの処理がされているため雑味が一切なく、煮干しの臭みも感じない、洗練された一杯に出会える。

■ 【淡麗醤油】らーめん おお月

和食店や洋食店で料理の腕を磨いた店主が作るラーメンは、小山市民の好みに合わせたという、すっきりした味わいの澄んだスープが特徴。喉越しを重視した自家製麺との相性もよい。夜は居酒屋のように酒類やおつまみを提供しており、一杯飲んだあとの締めにラーメンを食べる人が多い。

■ 【煮干し】煮干し中華蕎麦 山崎

人気洋食店でシェフを務めていた店主のラーメン愛が爆発し、同店をオープン。「無化調に魅力を感じた」という店主がセレクトしたのは流行りの煮干し。その時期一番質のよい国産煮干しを大量に使い、長時間煮込んだスープは、野菜を投入することで臭みを取り除き、モミジと豚足で味に奥行きを出している。

■ 【煮干し】麺屋 鶴と亀

栃木市には数少ない煮干し系ラーメンで勝負をかけるニューフェイス。エッジの効いたタイプとは異なる万人受けする味を目指しており、子供から年配者にまで好評を得ている。煮干しのえぐ味や苦味がなく、非常に食べやすい。看板メニューと双璧をなす濃厚な魚介豚骨風味の「つけめん」もオススメだ。

今回紹介したのはほんの一部。栃木ラーメンのトレンドが一発でわかる新店は、いまも続々オープン中!【ラーメンWalker編集部】

最終更新:10/9(日) 11:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。