ここから本文です

沢村一樹「ろうそくが火の消える寸前に輝きを増す、今はそんな心境です」

週刊女性PRIME 10/9(日) 10:00配信

「ろうそくが火の消える寸前に輝きを増す、ってあるじゃないですか。今はそんな心境ですね(笑)」

 来年“大台”の50歳を迎える沢村一樹。“五十にして天命を知る”というけど、節目の年をどう過ごしたいか、語ってもらいました。

「20代や30代のときは、50歳をすぎたらガツガツ仕事をしないで、のんびりやっていけたらいいなと思っていたんです。でもいざ目前になったら、まるっきり逆で(笑)。がむしゃらに働きたいと思うようになりましたね。

 たぶん、僕の中にある役者としてのイメージが、50代にいろいろなことができるのかな、って」

 20歳で鹿児島から上京し、ファッションモデルとして活躍。正統派二枚目俳優として注目される一方、NHKのバラエティー『サラリーマンNEO』で演じた“セクスィー部長”ではっちゃけた面を見せたり、下ネタ好きで“エロ男爵”と呼ばれたり……。

「プライベートで結婚して子どももできてということも含めて、いろんなことが役者という仕事に反映されているな、と感じているんです。あと、年をとると楽になる部分があるんですよ。“ここはカッコよく見せよう”という欲もなくなってきますし(笑)。

 髪に白いものや、顔にしわが増えても50歳だからできる役ってあるじゃないですか。カッコよく見せなくていいや、となると思い切りできるし、年とった自分を楽しめる気がしています(笑)」

 最近流行りのアンチエイジングには興味がないと笑うが、身体のメンテナンスには気をつけているそうで、

「自分があと何年、健康で身体を動かせるか、現場に足を運べるのかと考えました。ですから、今年から大好きなお酒の量をひかえるようになりました。今までは明日が休み、となると何も考えず長い時間飲んでいましたけど、これからはお酒を長く上手に楽しめるように、自分なりにいろいろ向き合っていきたいです。

 50歳になっても“乾杯!”って、楽しく言えるような自分でありたいですね」

1/2ページ

最終更新:10/9(日) 10:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)