ここから本文です

[動画あり]再生回数1億回のカリスマ“まこみな”の野望は「ギネス記録に挑戦」

週刊女性PRIME 10/9(日) 11:00配信

 今中高生に大人気の18歳の女の子ふたり組、“まこみな”を知っていますか? 

 福島県郡山市の普通の高校生だった、“まこ”と“みなみ”が、暇つぶしにモンゴル800の『小さな恋のうた』をハモって歌った動画を『Mix Channel』(通称・ミクチャ/動画投稿アプリ)に上げたところ、予想外の大きな反響が。

 その後も人気曲をオリジナルの振付で踊る“双子ダンス”の投稿がティーンの間で「かわいい」「マネしたい」と話題になり、総再生回数は1億回超え! あっという間にSNS界のニューヒロインに躍り出ました。

 今や活動の幅をテレビやラジオに広げるだけでなく、10月12日にはオリジナル曲『てをつなごうよ』で歌手としてメジャーデビュー! お茶の間にまで“まこみな現象”が拡大する中、本人たちを直撃。なんと週刊女性PRIME限定のオリジナル動画にも出演してくれました! (動画は最終ページにあります)

 芸能界のシンデレラガールながら、力みのないナチュラルさが彼女たちの魅力。18歳ふたりのトークを、肩の力を抜いてお楽しみください。

まこ「(せ・い・の・で)まこです!」

みなみ「みなみです!」

まこ&みなみ「まこみなです♪」

――元気な自己紹介ありがとうございます! テレビに出ることも多くなったと思いますが、反響はどうですか? 

みなみ「ちょっと前までは、テレビに3秒映ってるだけでも『うわー! 映ってる!』って思ってた私たちが、3分とか4分とか長い時間出させていただくことが増えて。すごくありがたいんですけど……」

まこ「『私たち、どうしてここにいるんだろう?』っていう疑問にいまだに襲われます(笑)。メジャーデビューもなかなか実感がわかなかったですから」

――自分たちってどういう存在だと思いますか? アイドルなのか? タレントなのか? ジャンルが難しいなと。

みなみ「私たちもそれは最近思ってるんです(笑)」

まこ「でも、『いろんなことに挑戦していきたい!』とは、いつも考えているんです。特に去年から今年にかけては、CMとか番組のMCとか経験したくてもできないようなことに挑戦させてもらっていて……」

みなみ「いろいろやります! まこみなです! って感じですかね(笑)」

1/3ページ

最終更新:10/10(月) 20:21

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。