ここから本文です

★仏大統領候補に経済相浮上

中央公論 10/9(日) 10:20配信

★仏大統領候補に経済相浮上
 フランスの大統領選挙が来年四月に行われる。現職のオランドは再選を目指すのか。サルコジの返り咲きは。国民戦線党首のルペン勝利で極右大統領誕生か。臆測が飛び交うなか、ここに来て、エマニュエル・マクロン経済相の動向が注目を集めている。三十八歳のイケメンで、妻は二十歳年上の高校時代の恩師。週刊誌がこぞって特集を組み、無党派層の支持を受ける。
「アン・マルシュ(進め)」。マクロンが四月に始めた政治運動の名称だ。既存政治の打破を唱え、七月の初集会では三〇〇〇人の支持者を前に、「二〇一七年まで、勝利まで続ける」と訴えた。事実上の「出馬宣言」と受け止められている。
 会計検査官などを経て英金融ロスチャイルドグループの投資銀行に入り、三十二歳で共同経営者に昇格。一二年にオランドから大統領府副事務総長に招かれ、一四年に経済相に抜擢された。最近の世論調査では、支持率が五〇%を超え、次期大統領候補として常に上位に名が挙がる。
 マクロンは「オランド氏が再選を目指すなら出馬しない」としているが、オランドの支持率は一〇%台にとどまり、再選は厳しい状況だ。ただ、マクロンは規制改革論者で、与党・社会党内の支持は少ない。このため、近く新党を結成するとの観測が広がる。出馬となれば、台風の目となるのは間違いない。
(了)

最終更新:10/9(日) 10:20

中央公論

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。