ここから本文です

知らなかったじゃすまされない!「個人信用情報」について知っておくべきこと

@DIME 10/9(日) 8:10配信

 ポイントが付いたり、旅行の保険が付いたりして、現金支払いよりお得なクレジットカード。@DIMEでも特集ページで度々取り上げられているので、「カードを持つお得さ」を、一度は目にしたことがあるだろう。一方で、クレジットカード発行に必要な信用情報を目にしたことはあるだろうか。カードの申込情報や、利用状況などの情報が「信用情報機関」で管理されていることを知っておかなければならないのだ。

■そもそも信用情報機関とは?

 信用情報機関とは、文字通り、個人の信用情報を管理している機関のこと。クレジットカード発行に限らず、住宅ローン契約や消費者金融での借入、スマートフォンの割賦販売契約など、お金の貸し借りに関連する契約情報が全て、信用情報として記録されている。機関は、3機関ある。カードやローンの申込を受け付けた金融機関が、加盟する機関に問合せれば、他社での契約状況を含めた個人の信用情報が取得できるのである。

 また、金融機関が問合せた履歴も記録されているので、契約に至らなかった場合でも、いつ、どの金融機関でどのような申込があったか分かってしまうのだ。もちろん、金融機関が勝手に個人の信用情報を照会することはない。カードの申込時に確認が必要な利用規約には、信用情報機関へ照会するという記述がされており、同意しなければ申込手続きができないようになっている。

■信用情報は開示請求できる

 信用情報機関で管理されている情報は、加盟金融機関だけが利用できると思いきや、個人が、信用情報機関に対して、記録されている情報の開示を請求ができる。開示請求の方法を表2にまとめた。どの機関も、郵送での開示請求に対応しているので、信用情報機関にいちいち出向く必要は無いが、いずれの方法でも請求手数料がかかることに留意しておこう。

◎本人確認書類をなくしたときや情報が間違っているときはすぐに連絡を

 開示請求した結果、身に覚えのない情報が登録されていたら、情報の登録元金融機関に問合せて、情報の真偽を確認しよう。その誤った情報のせいでカードやローンの審査が通らなくなる可能性があるからだ。免許証や、保険証など、本人確認書類をなくした時も同じで、悪用されて、勝手にクレジットカードを申し込まれる可能性を排除するために、なくした旨をすぐに連絡しよう。

 クレジットカードを持つ人なら、一度はチェックしておきたい信用情報。延滞することなく長期間使っていれば、信用能力は高いと判断され、利用可能額が増えたり、グレードの高いカードの審査が通りやすくなることだろう。お得なクレジットカード探しではなく、自分の信用情報探しも抜かり無く。

文/久我吉史

@DIME編集部

最終更新:10/9(日) 8:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。