ここから本文です

GOODWARP、両A面EPのアートワークを公開 購入者特典も発表に

リアルサウンド 10/9(日) 0:00配信

 GOODWARPが、11月16日にリリースする両A面EP『ravo!bravo!bravo!/ Sweet Darwin』通常盤のアートワークと購入者特典を発表した。

 同作は、本日10月9日より日本テレビほか各地で放送しているTVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』のエンディング主題歌として描き下ろした曲「Sweet Darwin」を収録。2形態で発売することが決定しており、「うどん盤」のアニメオリジナル描き下ろしジャケットは後日公開を予定している。

 また、同EPのタワーレコードオリジナル特典には、今年3月にリリースした自身のミニアルバム『FOCUS』から「僕とどうぞ」のRemixCDを付属。一部アニメチェーンでは、同アニメのエンディング絵コンテを手掛ける坂本一也がデザインした「絵コンテ冊子」を先着でプレゼントするとのこと。その他全国のCDショップでは、うどん盤・通常盤のアートワークがセットになったダブルジャケットステッカーを付属する。

 なお、発表に合わせて同主題歌のTVサイズの先行配信をスタートした。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/9(日) 0:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。