ここから本文です

デンマークでプレーする元蘭代表V・デル・ファールト「移籍は最良の決断だった」

フットボールチャンネル 10/9(日) 8:30配信

 今夏、スペインのベティスから、デンマークのミッティランへと移籍した元オランダ代表のラファエル・ファン・デル・ファールトは、この移籍が正解だったと感じているようだ。7日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ファン・デル・ファールトは、新天地デンマークでの生活について「ベティスからミッティランへの移籍は大きな決断だった。ここでの生活はよりリラックスしたものだ。人々は非常に親切で控えめだ。通りを誰にも気づかれることなく歩くことができる。全てが少し味気ないところもあるが、それも心地いいんだ」と満足そうに語っている。

 この33歳のオランダ人MFは、スペイン・アンダルシア出身の母親を持っていることもあり、ベティスでのプレーは特別なものと入団時に語っていたものの、わずか1シーズンで退団となってしまった。

 現在の自身のパートナーであるハンドボール選手の女性が、ミッティランのホームタウン、ヘアニングからほど近いエスビャールというチームでプレーしていることが、今回の移籍の要因となっていたと思われていた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/9(日) 8:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。