ここから本文です

中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾『ふぞろい』組の交遊録

女性自身 10/9(日) 6:00配信

時任「またチャンスがあれば共演したい、という気持ちがずっとありました。今回の映画での2人の関係や設定が、実際の2人に近いものがあったので、即答で『やります!』と。20年ぶりって感じはしませんでしたね。何年か会っていなくても、つい昨日会っていたような間柄です」

中井「僕も久しぶりな感じはしなかった。僕らは戦友という感じ。いつでも同じ現場にいられる仲だと思います」

 今秋公開の映画『グッドモーニングショー』で、ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)以来、およそ20年ぶりの共演を果たした時任三郎(58)と中井貴一(55)の2人。資料として用意した30年以上前の雑誌の対談記事を前に「懐かしい!」と笑い合う。今回の対談も終始、仲よしぶりを見せつけてくれました!

--『ふぞろいの林檎IV』以来、約20年ぶりの共演になりますね。

時任「(ドラマ『ふぞろいの林檎たち』の撮影)当時は、今と撮り方が違っていて、シーン全部にリハーサルがありました。そのリハーサルでだいぶ、鍛えられて」

中井「鍛えられるというより、しごきですよ。本当、すごかった」

時任「それをクリアするために、電話で読み合わせをしたりして。実際に会って読み合わせをしたりもしたね」

中井「携帯がない時代。家の電話で夜にセリフ合わせをして。リハのためのリハ」

時任「その要求がいちばん高かったのが柳沢慎吾だったね」

中井「そう、よく電話がかかってきたよね『セリフ合わせてくれ』って」

時任「慎吾と3人だと、ほとんど慎吾が1人でしゃべってるんだけど、そこに貴一がツッコむと慎吾が盛り上がっちゃう、っていうパターンだったね。俺はそばで笑って見てる」

中井「本当に学生の延長みたいだった」

時任「今でも変わらないね、俺たちは。ドラマが終わって何年かたって、3人でステーキ食べに行ったときも、『今から慎吾の別荘行こうぜ』って。若いころのノリが戻ってきちゃうんだよね」

中井「終わってから10年くらいたってた。都心で食事してて『おまえ、小田原のほうに家買ったんだろ』って聞いたら『温泉ついてんだ。お父さんとお母さんが入れるように買った』って。『すごいな、偉いな。今どうなってんの?』『実家に近すぎて行かねえんだよ』って言うから、『じゃあ、行くか!』ってそのまま車で行って、温泉入って」

時任「押しかけたよね(笑)」

中井「散々バカやって、帰る(笑)」

時任「その数年後、全く同じレストランで食事してて『そういえばそんなことしたね』『じゃあ、行くか!』って。本当にまた行っちゃって」

--映画『グッドモーニングショー』はワイドショーがテーマの映画ですが、ワイドショーは見られますか?

中井「見ますよ。占いでよくない結果になると残念な気持ちになりますが、『ラッキーカラーは赤』って出ると、赤いハンカチを持って外出したり(笑)」

時任「僕もワイドショーは見ますが、占いになったら、チャンネル変えます(笑)。中井さんは、もう映画見た?」

中井「見ましたよ。モントリオール国際映画祭でね。公開処刑みたいでした」

時任「公開処刑?(笑)」

中井「向こうのお客様は辛辣で、つまらないと途中で帰ると聞いていたし……。でもあんなに外国のお客様が笑うとは思わなかった。同じ価値観なんだと感じました」

最終更新:10/9(日) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。