ここから本文です

「日々良くなっている」リハビリ中のレアルMFモドリッチ、順調な回復をアピール

フットボールチャンネル 10/9(日) 9:30配信

 左ひざの手術を行い、現在リハビリ中のレアル・マドリーのルカ・モドリッチは順調な回復ぶりをアピールしている。7日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 10月1日に手術を行ったモドリッチ。『レアル・マドリーTV』のインタビューに対し、「手術後からすごく早く感じている。日々少しずつ回復している。初期段階の今はよりハードに感じるものだが、うまくやっていかなければならない。できる限り早く、以前のように力強く復帰したいと願っているよ」とコメントしている。

 同紙によると、手術は、10月2日のエイバル戦の前日に行われているが、実際に負傷したのは、9月18日の対エスパニョール戦でパペ・ディオプのタックルを受けた際ということだ。その後、違和感を持ちながらラス・パルマス戦、チャンピオンズリーグ(CL)のドルトムント戦をプレーしていたようだ。

 全治は最低1か月と見られており、エイバル戦から数え、少なくともリーグ戦とCLの5試合は欠場される見通しだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/9(日) 9:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。