ここから本文です

ベッキー ゲス川谷の活動自粛にコメント「防げたこと」

女性自身 10/9(日) 17:13配信

 タレントのベッキー(32)が9日、「ワイドナショー」(フジテレビ系・日曜10時)に出演し、ゲスの極み乙女。・川谷絵音(27)が、新恋人・ほのかりん(当時19歳)に未成年ながら飲酒させていた事実を重く受け止め、12月3日のワンマンツアー終了後にバンド活動自粛を発表したことについてコメントした。

ベッキー「(今年)1月に私との騒動があって、世間のみなさまからきびしい声を私も川谷さんもいただいて。世間のきびしい目があるなかで、おたがい活動したり、生活してたりしてたと思うんですけど。そういったなかで、こういう行動をとってしまったというのは……未然に防げたことなんじゃないかな、と思います」

 川谷の活動自粛について、松本人志(53)は、「これに関しては、ツイてなかったというか、バチがあたったというか。もしかしたら、サンミュージックの刺客なのかもわかりませんけども」と話し、これを受けたベッキーは「それはないと思います」とまじめに応え、出演者らの笑いを誘った。

最終更新:10/9(日) 17:13

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。