ここから本文です

移転前に一度は行きたい築地市場で味わう「美味しい」と「カッコいい」 [with]

講談社 JOSEISHI.NET 10/9(日) 20:00配信

最近は見ない日はない築地市場移転延期のニュース。なんかとんでもないことになっているようですが、それはさておき。そもそも20代女子にとっては、築地市場ってどんなところ?というのがホントのところ。そんな人に見てもらいたいのが、映画『築地ワンダーランド』。築地に通い詰めた監督が、その1年間を記録したドキュメンタリーです。

私は個人的にお鮨が大好きだし、お魚料理も大好き。海外に行くと地元の市場には必ず足を運ぶのですが、築地は「場外市場」どまり(ちなみに「場外市場」とは、築地市場の建物の外に広がる市場のこと。建物の中にあるのは「場内市場」で、大きい意味での築地市場は「場内」「場外」を合わせたものですが、厳密に言えば「場内」のみを築地市場といいます)。場内にだって素人ウェルカムな店もあるのでしょうが、あまりにプロめいたその雰囲気に腰が引けて入っていけません……。映画はそのプロの世界=「場内市場」(鮮魚市場)にずんずんと潜入します。

中は当然お魚屋さんだらけなのですが、これが映画の主役の「仲卸(なかおろし)」。お魚の流通は、ざっくりいうと「漁師」→「卸売」→「仲卸」→「小売り(鮨屋など)」で、築地にはその「仲卸」がたくさん入っています。よくお鮨屋さんで「今日はイサキのいいのがありますよ」とか言われたりして、「いいお鮨屋さんはやっぱり素材を見る目よね」と思ったりしますが、誤解を恐れず言えばこれは半分は思い違いです。というのも、築地に入ってくる「でかいビル(を入れ物にしたとして)1棟分」の魚の中からいい魚を見つけ選び出してるのはお鮨屋さんでなく、彼らは信頼する「仲卸」さんなんですね。

「仲卸」さんには「アナゴの専門家」とか「マグロの専門家」とかがいて、それぞれ魚に触っただけで「こいつは太ってるけど美味しくない」とか「小さいけど脂がのってる」とかがわかる上に、どうやって料理したら美味しく食べられるかというアドバイスまでしてくれる、すごい人たちです。映画には東京を代表する名店のすし職人がガンガン登場し、彼らが選んだ最高の魚で握った鮨が次々登場します。映画を見終わったら、絶対に鮨が食べたくなります。予約してから見に行くことをお勧めします。

1/2ページ

最終更新:10/9(日) 20:00

講談社 JOSEISHI.NET