ここから本文です

ナポリ、“イグアインの後継者“が長期離脱へ。代表戦で前十字靭帯断裂

フットボールチャンネル 10/9(日) 17:00配信

 ナポリ所属のポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクは、代表チームの試合で左膝前十字靭帯断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられる見通しとなった。ポーランドサッカー協会広報が9日にツイッターで明らかにした。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ミリクは現地時間8日に行われたロシアワールドカップ欧州予選のデンマーク戦に先発出場。チームの2点目に繋がるPKを獲得したが、前半終了間際に負傷して交代を強いられた。なお、試合はFWロベルト・レバンドフスキのハットトリックによりポーランドが3-2の勝利を収めている。

 膝を痛めたミリクは、当初はそれほど重傷ではないとみられたが、検査により左膝の前十字靭帯の部分的断裂が確認されたとのことだ。ミリクは9日にイタリアに戻り、10日には手術を受ける見通し。『コッリエレ・デッロ・スポルト』などイタリアメディアは、離脱期間が「少なくとも4ヶ月」に及ぶと報じている。

 過去2年間アヤックスでゴールを量産していたミリクは、今年の夏の移籍市場でナポリに加入。ユベントスへ移籍したFWゴンサロ・イグアインの後釜として大きな期待を受け、ここまで公式戦9試合に出場して7得点と結果を出していた。ナポリにとってはあまりにも大きな痛手となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/9(日) 17:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。