ここから本文です

原口が最終予選3戦連発弾で“メシア”となるか 敵地オーストラリア決戦に「際どい勝負になる」

Football ZONE web 10/9(日) 20:52配信

得点やアシストにも満足しない原口 「理想はもっと高いところにある」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で2試合連続ゴールと好調を維持する日本代表FW原口元気は、「理想はもっと高いところにある」と、その結果に満足しない向上心とともに11日の敵地オーストラリア戦に臨むと宣言している。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 原口は今季ヘルタ・ベルリンでレギュラーポジションを獲得し、日本代表として臨んだアジア最終予選でも、9月6日の敵地タイ戦と10月6日の本拠地イラク戦でともにスタメン出場を勝ち取り、いずれのゲームでも先制点と結果を残した。イラク戦では後半35分にFW本田圭佑に決定的なクロスを通すなど、左サイドのアタッカーとして躍動している。しかし、そんな状況にも原口は全く満足していないと語った。

「自分が何点取ったとか、アシストで結果を出しているとは思えない。理想はもっと高いところにある。そうなるためにも、最終予選で成長したいし、『もっともっと』という気持ちが強い。得点に絡むことを続けながら、他の部分のレベルも上げたい。難しいことだけど、そこにトライしたい」

 負けず嫌いを自認する男は、飽くなき向上心を垣間見せた。日本代表では本田、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)が看板選手として攻撃陣をけん引してきたが、次世代の中心として原口には期待が掛かる。2014年夏の移籍市場で浦和レッズからヘルタ・ベルリンへ移籍し、早2シーズンが過ぎた。フィジカルの強い相手と何度もマッチアップした経験を通し、気持ちで負けずにぶつかることの重要性を感じているという。

「(オーストラリアは)ヨーロッパのチームに近いので、普段やっている感じに近いと思うし、何も違和感なくやれる。最終予選ということで、相手の激しさが一層出るし、際どい勝負になるという想像はつきます。よりフィジカルが強いので、逃げたら弾かれる。自分から当たりに行くことで、プレッシャーを掛けられる。そこで見てしまったり、迷えば弾かれる。それはドイツで慣れている。イメージはしやすいですね」

1/2ページ

最終更新:10/9(日) 20:52

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。