ここから本文です

酒井高、相次ぐ主力離脱も平常心「仲間の分もしっかり戦って、いい結果を」

フットボールチャンネル 10/9(日) 21:34配信

 日本代表は9日、メルボルン市内で11日のロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦に向けた練習を行った。

日本は何位? 各グループ上位2チームが本大会出場 【W杯アジア最終予選グループステージ順位表】

 先週のイラク戦前後に主力クラスの選手たち数人が相次いで離脱した。特にサイドバックが2人チームを離れ、酒井高にかかる期待と責任は大きい。だが「アクシデントがなくても責任は感じていますよ」と平常心を貫いている。

「もちろん試合に出る時点で日の丸を背負っている責任は感じているし、誰かが怪我していなくなったから自分が頑張らなきゃじゃなくて、出る時、あるいは出ている時に自分は責任を持ってやっている」

 そでれもやむを得ずチームを離れなくてはならなくなった選手たちに思いを背負っているのは確かだ。「出たくても出られない、来たくても来られない選手たちのために戦うのが僕らにできることだと思うので、仲間の分もしっかり戦って、いい結果を持ち帰りたい」と原口は述べた。

「自分のやることは常に変わらず結果を残して、日本代表での自分の結果を求めてやっていきたい」

 日本代表はポジションを獲得するための戦いではなく、チームとして母国のためにひとつの勝利を獲得するための戦いと位置付けている酒井高。オーストラリア戦でも自らに与えられた責任を全うし、ひたすらに勝ち点3奪取を追求する。

(取材:元川悦子【メルボルン】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/9(日) 21:48

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。