ここから本文です

原口、さらなる高みへ。豪州戦を通過点に「理想はもっと高いところにある」

フットボールチャンネル 10/9(日) 22:34配信

 日本代表は9日、メルボルン市内で11日のロシアW杯アジア最終予選オーストラリア戦に向けた練習を行った。

日本は何位? 各グループ上位2チームが本大会出場 【W杯アジア最終予選グループステージ順位表】

 ここ2試合連続でゴールを挙げている原口元気だが、「自分が点やアシストで結果を残せているとは思っていない」とこれまで通り“危機感”を口にする。まだまだレギュラー奪取への道は遠いと感じているようだ。

 次の対戦相手はオーストラリア。アジア屈指のフィジカルを誇り、どんな時も簡単に勝たせてくれないライバル関係にある。だが、原口は「ヨーロッパのチームに近いので、普段やっている感じに近いと思うし、何の違和感もなくやれる」と海外組がチームのほとんどを占める対戦相手を分析した。

 一方で、「最終予選ということで向こうの激しさがより一層強くなったり、際どい勝負になるかなという想像はつく」と油断はない。オーストラリアもグループ1位でのW杯出場決定を望んでいるため、そして数年勝てていない日本から勝ち点3をもぎ取るために必死で食らいついてくるだろう。

 激しい試合が予想され、したがってフィジカルコンタクトの場面も増えるはずだ。ヨーロッパで1対1の対人守備に自信をつけてきた原口は強烈に当たってくる相手との闘い方も身につけている。

「逃げたら弾かれる。自分から当たっていって、自分から取りにいくことで相手にプレッシャーがかかる。そこで(相手の出方を)見ちゃったり、一瞬迷うと弾かれるけど、そういう部分は向こうで慣れているからイメージはしやすいですね」

 左サイドで攻守に躍動し、無駄なランニングもいとわない。自ら相手に激しくぶつかっていく姿は、Jリーグでプレーしていた頃からは想像もつかないものだ。しかし、原口はヨーロッパで揉まれたことでさらに上を見ている。まだまだ先は長いようだ。オーストラリア戦もあくまで通過点にすぎない」

「自分の理想はもっと高いところにあるので、そういう選手になるためにも最終予選を通じて成長したい。もっともっとという気持ちの方が強いので、継続して、他の部分クオリティも上げて、難しいですけど、そういうところにトライしていきたい」

(取材:元川悦子【メルボルン】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/9(日) 22:43

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)