ここから本文です

今夏インテルが97億円でハメス獲得に近づいたことが判明 レアルは容認も本人が断固拒否

Football ZONE web 10/9(日) 23:10配信

セリエA上陸に近づいていたレアルの背番号10

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、今夏の移籍市場でセリエAのインテルから8500万ユーロ(約97億円)のオファーが届いたが、クラブ間合意したにもかかわらず、本人が却下したことが明らかになった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 インテルは今季中国企業の「蘇寧グループ」に買収された。そして、中国人オーナーはアルゼンチン代表MFエベル・バネガ、ポルトガル代表MFジョアン・マリオ、ブラジル代表FWガビゴル、イタリア代表MFアントニオ・カンドレーバを獲得した。メガディールを次々に成立させたが、レアルの背番号10にも触手を伸ばしていたという。

 インテルは8月31日の移籍市場最終日に、ハメス獲得を狙いレアルに8500万ユーロのオファーを出したという。インテル史上最高額のオファーは、2014年ブラジルワールドカップ終了後に仏1部モナコからレアルに移籍した際の8000万ユーロ(約92億円)を凌ぐもの。レアルのフロレンティーノ・ペレス会長も寵愛するハメス放出を容認し、クラブ間合意に達したという。

 だが、ハメスはインテルからのオファーを断固拒否。ワールドクラスが少ないセリエAにとっては、ハメス上陸はリーグの大きな目玉になるはずだったが、レアルからセリエAでUEFAチャンピオンリーグ出場権を逃したインテルに移籍することは、“都落ち”と映ったのだろうか、移籍市場最終日のメガディールは実現しなかったという。ジダン監督の信頼を完全に取り戻すには至っていないハメスだが、レギュラーの座を奪回し、レアル残留を果たした決断は吉と出るのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/9(日) 23:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。