ここから本文です

【日本代表|写真検証】“あり得ない顔ぶれ”が並ぶエポックメイキングな光景

SOCCER DIGEST Web 10/9(日) 7:39配信

本田、香川、岡崎、長友、川島が揃ってベンチに…。

 劇的な勝利を収めた10月6日のイラク戦。スコアは2-1。得点者は原口元気(先制点)と山口蛍(決勝点)だった。
 
「ロンドン五輪組」が結果を出した一方、先発した本田圭佑と岡崎慎司は途中でピッチを退けば、香川真司はスタメン落ち&出番なし。長きに渡り、日本代表の攻撃をリードしてきた「北京五輪組」は、目に見える結果を残せなかった。
 
 後半の途中からは、彼ら3人が揃ってベンチに。そこには長友佑都や川島永嗣もいる。これまでの日本代表では考えられない“ベンチの顔ぶれ”。イラク戦は、もしかするとひとつの時代が終わり、新時代の本格的な到来を告げるターニングポイントになるかもしれない。
 

【日本 2-1 イラク|PHOTOギャラリー】山口の劇的弾で苦しみながらも勝利を掴む!

最終更新:10/9(日) 10:43

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。