ここから本文です

【ルヴァン杯準決勝・採点&寸評】浦和×FC東京|ハットトリック達成の興梠に最高点「8」。まるで練習試合のようにパスをつなぎ、浦和が圧倒

SOCCER DIGEST Web 10/9(日) 16:31配信

浦和――攻撃を引っ張った高木、駒井を好評価。大谷も守備で貢献!

【チーム採点・寸評】
浦和 7
アウェーゴールを含め大きなアドバンテージを持って臨んだ一戦。立ち上がりから主導権を握り、高木のスルーパスに興梠が合わせて先制。その後も主導権を握り続け、興梠の2点目で早々に決着をつけた。後半には興梠がPKを突き刺しハットトリックを達成。練習試合のようにパスがつながった。

【ボランチ考察・浦和】ルヴァン決勝は柏木と阿部で大丈夫? 新機軸・青木、遠藤の抜擢も!?

【浦和|採点・寸評】
GK
15 大谷幸輝 6.5
試合開始直後に中島のシュートをセーブしてリズムを掴み、守備はとても安定していた。62分にはネイサン・バーンズの強烈なショットをストップ。左足のキックミスでピンチを招いた場面もあったが事無きをえた。

DF
46 森脇良太 6.5 (67分 OUT)
中島を警戒しつつも、自らのテンポに持ち込み攻撃面でもリード。ギャップに飛び込んで、相手をかく乱させた。
 
4 那須大亮  6.5
平山に前を向いたプレーをさせず、状況に応じてトップ下の東やネイサン・バーンズにも対応。ラインを上げて、オフサイドも奪った。
 
3 宇賀神友弥  6.5
左ストッパーとして河野と流れてくるトップ下やCFに素早く詰めて仕事をさせず。強烈な左足ミドルも放った。

MF
18 駒井善成 7
縦に抜ける気持ち良いドリブル突破から興梠の3点目となるPKを獲得。守備でもブロックやクリアで貢献。プロ人生初のタイトルを懸けた決勝でのプレーにも注目だ。

16 青木拓矢 6.5 
FC東京の中盤と比べ、運動量、パス精度、守備の貢献度、あらゆる面で上回った。先制点の起点になるパスを放ち、62分には“アオキターン”で敵を鮮やかにかわした。


6 遠藤 航 6
ボランチとしてフル出場。スペースによく顔を出して、時間が経つごとにより高いポジションでビルドアップに加わって貢献できたのは、チームにとっても、遠藤自身にとっても、大きな収穫になったはず。
 

24 関根貴大 6
再三にわたって左サイドをえぐり、カットインからゴール前に出没。三度の決定機を逃したのは悔やまれるが、試合の鍵を握ったサイドの攻防で“圧勝”した点を評価。

13  高木俊幸 7
オシャレなアウトサイドのスルーパスで、興梠の先制ゴールをアシスト。対峙した室屋を手玉にとり、この日の攻撃の中心にいた。惜しむらくは1点取りたかった。
 
 

1/3ページ

最終更新:10/13(木) 8:21

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。