ここから本文です

【浦和】プロ12年目の初体験。「これが、ハットトリックか」と興梠が実感した瞬間は?

SOCCER DIGEST Web 10/9(日) 19:27配信

2005年にプロになって以来、初の偉業。「ハットトリックより、3試合で1点ずつ決めることのほうが価値があると考えてきた。でも…」

[ルヴァンカップ準決勝・第2戦]
浦和レッズ 3-1 FC東京
10月9日(日)/埼玉スタジアム2002

【ルヴァン杯準決勝・採点&寸評】浦和×FC東京|ハットトリック達成の興梠に最高点「8」。まるで練習試合のようにパスをつなぎ、浦和が圧倒


 浦和のFW興梠が05年にプロになって以来、キャリア初のハットトリックを達成した。
 
 立ち上がりから浦和が主導権を握るなか、まず24分、長短の精度の高いキックを織り交ぜた浦和らしいコンビネーションから敵陣を崩し、最後は高木のスルーパスに抜け出して、シュートをねじ込み1点目を奪う。 
 
 これでアウェーゴール・ルールにより、最低2点が必要になって攻めようとするFC東京が、バランスを崩したところを見逃さなかった。38分、右サイドの駒井のクロスに、「ボールに触るだけで決められた」と、今度は左足で合わせて2ゴール目。
 
 そして53分、ドリブル突破を仕掛けた駒井がペナルティエリア内で倒されて、PKを獲得。背番号30は冷静にこのキックをゴールネットに突き刺し、早々にハットトリックを達成した。
 
「キッカーは阿部ちゃんか俺が務めることになっていたので、(阿部がベンチだったため)俺が蹴らないといけない、と思った。アイツ(駒井)はPKが下手だしね。
 
 もちろん、積極的にゴールへ向かったとても良いドリブルだったし、駒井には感謝しています。一方で、2点リードしていたけれども、トドメを刺す意味でも重要なPKだった」
 
 興梠はそのようにPKのシーンを振り返った。ゴール裏から声援を送っていたサポーターの“ハットトリック達成”を待望する声援にも励まされたそうだ。
 
 両ゴール裏に設置されている大型の電光掲示板。その得点者の欄に、「24分:興梠慎三 38分:興梠慎三 53分:興梠慎三」と表示された。
 
「名前が3つあって、おお、これがハットトリックかと実感しました(笑)」
 
 興梠が貫いてきたFWの哲学は、「なによりも勝利に貢献すること。自分が決めなくても、周りの良さを引き出し、みんながゴールを決めてくれればそれで良い。その過程で自分もしっかり決めていくことが理想」。また、「ハットトリックよりも、3試合で1点ずつ決めることのほうがより価値があると考えてきた」と言う。
 
「でもね……」
 
 興梠は続けた。
 

1/2ページ

最終更新:10/9(日) 19:27

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革