ここから本文です

スポーツ担当を外れたフジ・宮澤智アナが新人育成枠に転落した理由は?

週プレNEWS 10/9(日) 11:00配信

フジテレビの女子アナにとって、かつて花形だったのはスポーツ担当だ。実際、これまでに多くの人気アナが誕生している。

古くは中井美穂アナに始まり、内田恭子アナ、平井理央アナ、本田朋子アナ…。その誰もが看板アナといえるような活躍をし、フリーに転身していった。

だが、今のフジテレビを見てみると、スポーツキャスターが人気を獲得しているというわけではない。

「現在、地上波の番組でスポーツを担当するのは『スポーツLIFE HERO’S』の土曜日キャスター・宮澤智アナと『めざましどようび』のスポーツキャスター・内田嶺衣奈(れいな)アナぐらい。どちらも知名度は低いし、伸び悩んでいる印象」(フジ局員)

宮澤アナは、この10月から超早朝番組『めざましテレビ アクア』のメインMCも担当することが発表された。

「ひと昔前では考えられない人事。あの時間帯は新人アナの育成枠で、リオ五輪の現地キャスターを務めたアナウンサーが起用されるポジションではない」(前出・局員)

では、どうしてなのか。

「宮澤は入社以来、スポーツひと筋で、バラエティや情報番組を担当した経験がほとんどない。本来、もっとスポーツに関わらせたいんだけど、今は男性がスポーツ担当になるのが主流だし、何よりスポーツを扱う番組が減ってきている。宮澤の扱いに困った末…というのが、上層部の正直なところでしょう」(前出・局員)

宮澤アナには新境地を切り開いてほしいものだ。

最終更新:10/9(日) 11:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

なぜ今? 首相主導の働き方改革