ここから本文です

【F1女子の日本GP2016】前夜祭にフェラーリのライコネンとベッテル、トロロッソのサインツとクビアト登場!

clicccar 10/9(日) 10:11配信

F1日本GP恒例の「F1日本GP前夜祭」が鈴鹿サーキットで行われました。

昨年はフェラーリの2人がトークショーに登場し、前夜祭はいつも以上に大盛り上がりでしたが、なんと、今年はトロロッソとフェラーリの2チームが登場したのです!

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



トロロッソのダニール・クビアト選手、カルロス・サインツJr.選手が会場に現れると、グランドスタンドから黄色い声援が聞こえてきました。どうやら女性ファンが多いようです。



―世界中でも女性ファンが多いのでは?

サインツ「そうですね。モータースポーツって男性のイメージがありますが、日本は女性のファンが多くて嬉しいです。」

クビアト「もちろんロシアでは応援してくれるファンが多いですが、日本のファンのサポートも凄いです。僕にとっては日本は第2の故郷、そんな気がします。」



ステージに子供達が登場し、2人のドライバーに直接質問するコーナーもありました。

―日本に来て楽しみにしていることはありますか?

サインツ「今回、日本に来るのを凄く楽しみにしていました。昨年、非常に良い思い出がありましたので、今年はもっと日本の文化や習慣を知りたいなと思いました。鈴鹿に来る前に3日間程東京にいましたが、そこで改めて日本というものを体験してきました。来年もまた同じように、日本のことを深く知るような機会があればいいなと思います。」

クビアト「昨年の思い出になるんですけれども、丁度レースの前後に日本にいました。相撲観戦をしたのですが、実は観戦をしただけではなく、自分より3倍も大きい力士と戦いました。これも良い思い出です。」



クビアト選手、最後にファンの皆さんと記念撮影! クビアト選手のSNS要チェックですね(^^)

予定時間より早くに現れた、フェラーリ のセバスチャン・ベッテル選手とキミ・ライコネン選手。突然の登場にお客さんは大興奮です。



―日本に滞在していつもやっていることはありますか?

ライコネン「今年はスケジュールが過密で木曜日の朝に日本に着いたので、このサーキット周辺で過ごしました。過去に日本に来た時は、東京や他の街も含めて日本を楽しんでいました。これからも日本に来る機会があるのであれば、もっと日本を楽しんでいきたいと思います。」

ベッテル「鈴鹿に来る前に東京に行くことができて、日本滞在を楽しんでいます。日本は鈴鹿や東京に限らず、いろいろな場所に行くとそれぞれ違いがあって、いつも楽しいです。その中でも特に良いのは、やはりここのレースですね。明日は皆さんと一緒にレースを楽しめるのが、何よりも嬉しいです。」



以前、レース終了後に富士山に登ったことがあるというベッテル選手。

ベッテル「7~8年前に富士山に登山したことがあります。非常に素晴らしい体験でした。特に日の出の景色が素晴らしくて、神社でお賽銭を投げて幸運を祈ったりしたことも面白い体験でした。明日のレースがうまくいったら、また富士山に登ってみたいなと思います。」

と、富士山話をしてくれたのですが、チームメイトのライコネン選手に富士山を勧めたところ・・・

ライコネン「ヘリコプター用意してくれる?」

とライコネン選手らしい回答に、会場は大爆笑! またライコネン選手の名言Tシャツが発売されそうですね(笑)



いろいろなお話しを聞け、ドライバーの素顔が垣間見えるトークショーは最高でした。来年の前夜祭にも、たくさんのドライバーが遊びに来てくれますように!!

(yuri)

最終更新:10/9(日) 10:11

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。