ここから本文です

【SUPER GT2016】第7戦タイはGT500がWeds、GT300はVivaCがポールポジション獲得

clicccar 10/9(日) 14:52配信

10月8~9日にタイ・ブリーラムのチャン・インターナショナルサーキットで開催されているSUPER GTの海外ラウンド「2016 AUTOBACS SUPER GT Round7 BURIRAM SUPER GT RACE」。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

灼熱と言われるタイラウンド。予選前に一瞬見せた雨雲も雨を降らせることも無く消え去り、Q1スタート時には30度の猛暑となりました。



GT500クラスでポールポジションを獲得したのは19号車 WedsSport ADVAN RC F。ドライバーの関口雄飛選手、国本雄資選手は2人ともSUPER GT鈴鹿1000kmからこのタイラウンドの間に開催されたスーパーフォーミュラーの岡山戦第2レースで国本選手が優勝、続くSUGOで関口選手が優勝を果たしており、ドライバーの勢いが一番ノッているチームとして注目をされていました。



また、先ごろ発表されたモバオク日本レースクイーン大賞コスチューム部門のグランプリもWedsSport Racing Galsが獲得するなど、チーム全体としてまさに勢いに乗ります。



そのWedsSport ADVAN RC Fが関口選手ドライブのQ2で魅せた1分24秒307は文句なしのコースレコード。WedsSport ADVAN RC Fの今期初優勝に期待がかかります。



GT300クラスは25号車VivaC 86 MCが文句なしのポールポジション!



Q2ではVivaC 86 MCの松井孝允選手が2位のB-MAX NDDP GT-R ヤン・マーデンボロー選手に0.7秒差をつける快走を魅せコースレコードを樹立!



VivaC 86 MCは今期最多、3度目のポールポジションで、なおかつタイラウンドでも昨年に続き2度目のポールポジション!今期の最高位が2位であることから、初優勝の期待がかかります。

決勝レースは10月9日現地時間の15時、日本時間で17時からスタートとなります。

(写真:高橋秀彰 文:松永和浩)

最終更新:10/9(日) 14:52

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。