ここから本文です

【速報・F1日本GP2016】ニコ・ロズベルグ鈴鹿で日本GP初優勝! メルセデスコンストラクターズチャンピオンに!!

clicccar 10/9(日) 16:02配信

10月9日(日)鈴鹿サーキットで2016F1第17戦日本GP決勝が行われました。



【この記事に関する関連する別の画像を見る】

予選3番手だったキミ・ライコネン選手(フェラーリ)はギアボックス交換をしたため8番手スタート、チームメイトのセバスチャン・ベッテル選手は前戦での3グリッド降格ペナルティにより、7番手スタートとフェラーリ勢はスタート順位を落としてしまいました。



ジェンソン・バトン選手(マクラーレン)は、パワーユニット交換で最後尾スタートとなりました。上位勢がソフトタイヤでスタートする中、バトン選手はハードタイヤでスタート。このタイヤ戦略がレースにどのような影響をもたらすか、期待が高まりましたが、18番手でレースを終えました。



多くのF1ファンが見守る中始まったF1日本GPですが、2番手スタートのルイス・ハミルトン選手(メルセデス)がスタートに失敗し、8番手まで下がります。ポールスタートのニコ・ロズベルグ選手(メルセデス)は1番手をキープ、2番手にマックス・フェルスタッペン選手、3番手セルジオ・ペレス選手(フォースインディア)と続きます。



14番手スタートのフェルナンド・アロンソ選手(マクラーレン)は、果敢に攻めオーバーテイクを連発。スタンドからは大きな拍手が送られました。

フリー走行から、完璧な週末となったロズベルグ選手は見事ポール・トゥ・ウィン! 3年連続ポールポジションを獲得しながら、ようやく鈴鹿初優勝です!!

スタートでミスをしたハミルトン選手は、オーバーテイクを連発! 2番手のフェルスタッペン選手を追い掛けましたが、ファイナルラップ、最終シケインでしかけるも、ハミルトン選手がコースアウトしてしまい3番手フィニッシュでレースを終えました。



ワールドチャンピオンのハミルトン選手に追われるも、冷静に走りぬいたフェルスタッペン選手は2番手を守り抜き、日本GPで初表彰台となりました。

そして、この日本GPで2016年のコンストラクターズタイトルはメルセデスに決定! 3年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得しました!!

F1日本GP決勝リザルトは以下の通り。(ポイント圏内のみ)

順位/No./ドライバー/チーム
1/#6/ニコ・ロズベルグ/メルセデス
2/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
3/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
4/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
6/#3/ダニエル・リカルド/レッドブル
7/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
8/#27/ニコ・ヒュルケンベルグ/フォースインディア
9/#19/フェリペ・マッサ/ウィリアムズ
10/#77/バルテリ・ボッタス/ウィリアムズ

(yuri)

最終更新:10/9(日) 16:02

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。