ここから本文です

【F1女子の日本GP2016】ライコネンはフェラーリ・デイトナで登場! シャンパンファイトでかけられたのは誰?

clicccar 10/9(日) 19:54配信

10月9日(日)

今日も鈴鹿サーキットは晴れ。今年は木曜日からお天気に恵まれ、良かったです。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】





決勝スタート1時間30分前に始まったドライバーズパレードでは、各ドライバーがクラシックカーの助手席に乗ってコースを一周まわります。客席からは、これから決勝を迎えるドライバー達にたくさんのエールが送られました。その光景を見たドライバー達も、手を振ってこたえていましたよ。

F1マシンを運転している姿もかっこいいですが、クラシックカーに乗って風を切るドライバーもかっこいい! 私の楽しみにしているイベントの一つです。各ドライバーは、それぞれのコンストラクターにちなんだクラシックカーに乗っているの、気付きましたか?



ただし、セバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)の乗る予定だったクルマが故障してしまったため、ダニエル・リカルド選手(レッドブル)と二人乗り、という微笑ましい光景も(^^)

毎年大好評のレディースシート。V1席、V2席、B2席に設けられている女性専用のエリアです。グループで買うとお得なので、お友達同士で来ている方も多く見られました。

レディースシートには、応援しているドライバーのオリジナルグッズを身に着けているF1女子がたくさん! F1ドライバーが前を通ると黄色い歓声もたくさん聞こえました。来年はレディースシートが満杯になるくらい、F1女子がもっともっと増えたらいいなぁ。

決勝はスタートでルイス・ハミルトン選手(メルセデス)がミスをしてしまい、8番手まで落ちてしまいましたが、その後の走りは素晴らしかったですよね! 中盤でセバスチャン・ベッテル選手(フェラーリ)がハミルトン選手にコーナーで1秒以内まで近づくも、ストレートぐんっと距離を離すメルセデスの速さには驚きました。

マクラーレン・ホンダの2人は今年も苦戦(涙)。でも、去年の日本GPで「これはGP2エンジンだ!」と叫んでいたフェルナンド・アロンソ選手が、何度もオーバーテイクをし、昨年より確実に進化したマクラーレン・ホンダを見ることができて良かったです。



レースはニコ・ロズベルグ選手(メルセデス)が完璧な走りで鈴鹿初優勝! 去年、一昨年とポールポジションを獲得するも優勝できていなかったので、3度目の正直となりました。

そして、この日本GPで2016年のコンストラクターズタイトルはメルセデスに決定! 3年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得しました!! 今年も圧倒的に速かったメルセデス。来シーズンもこの強さは続いていくのでしょうか。楽しみですね。



そうそう、表彰式で面白いシーンがありましたよ。ロズベルグ選手がシャンパンファイトが始まった瞬間、メルセデスチームのチーフレースエンジニア、アンドリュー・ショブリンさんの顔にめがけておもいっきりシャンパンをかけはじめたんです! しかも割と長い時間(笑)。ちゃんと息できていたかな、と少し心配になっちゃいましたけれど、コンストラクターズタイトルを取っただけあって、アンドリューさんも終始ニコニコでした。かけたのもニコでしたし(笑)。



レース終了後、鈴鹿サーキットからのドライバー達の移動手段は様々。中でも、さすがにF1らしく、ヘリコプターで移動しているドライバーがかなり多いのです!

ちょうどハースのエステバン・グティエレス選手がヘリコプターに乗り込むシーンに偶然遭遇しました。どこまで行くのかは不明ですが、颯爽とヘリに乗っていく姿はまさにセレブ!! 住む世界が違うとはこういうことなのですね(笑)。



今年も日本GPが終了し、なんだか抜け殻状態です。やはり、楽しいことはあっという間ですね。エンジン音やオイルの匂い、マシンの美しさなど、サーキットでしか味わえないことがたくさんあり、一度観戦にくるとやみつきになってしまう、F1マジック。早く来年の日本GPが来ないかなーと、首を長ーくして待ってます!!

(yuri)

最終更新:10/9(日) 19:54

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革