ここから本文です

都内のホテル別、秋グルメ対決!一流ホテルが本気を出した料理が別次元に旨すぎる!

東京カレンダー 10/9(日) 5:20配信

秋の味覚のなかでもヘルシーでいてヴィジュアル的にもどこか癒やされる食材、きのこ。ホテルでプロの手にかかればきのこが華麗に変身し秋を彩る香り高い主役となる!

【この記事の全ての写真】

「トリュフ満載のピッツァ食べにいこうよ」とお誘いを

『フィオレンティーナ』@グランドハイアット 東京

これでもかとトリュフを敷きつめたピッツァは、『フィオレンティーナ』の新名物ともいえる逸品。

イタリアから取り寄せたフレッシュな白トリュフと黒トリュフのスライスが惜しげもなくトッピングされた生地を食べると口いっぱいにトリュフの香りが広がり、その後白ワインでも飲めば贅の極み!生地はチーズベースでトリュフオイルも含まれているので土台だけでも十分美味しいほど。

このピッツァを食べること自体がイベントとなるので、女性への誘い文句としてもぴったりである。

白トリュフと黒トリュフに加えポルチーニ、ジロール茸をトッピングしたクアトロ¥8,000

陽当たりのよい店内

秋だけの期間限定!肉ときのこのマッチング

『コラージュ』@コンラッド 東京

『コンラッド東京』では10月末まで肉ときのこをテーマにしたメニュー「カルネ・デ・オータム」を全レストランで展開中。なかでも華麗なひと皿なのが、この『コラージュ』の〝仔牛のポッシェ 茸のリゾット〞だ。

白舞茸とマッシュルームの濃厚なリゾットにさらにマッシュルームの旨味の泡を合わせ、きのこ感は満点。そのきのこの風味としっとりと火入れした仔牛のロースがマッチし、そこへサクッとしたほうれん草のパイも一緒に食べれば、新発見の秋の口福を感じられる。

鴨のコンソメ鰻と松茸¥20,000のディナーコースにて提供

天井が高くスタイリッシュな店内

きのこがここまで美味しくなるとは、さすがの老舗!

『龍天門』@ウェスティンホテル 東京

シンプルな野菜料理はその店のレベルが如実に表れると体感する、『龍天門』に惚れなおす一品である。その時々のきのこ5~6種をオイスターソースで軽く煮込み、隠し味はヒラメの粉。もとは明の時代からある精進料理で、とはいえ肉を食べたあとのような満足感を得られる仕上がりだ。

旨味を閉じ込めるためきのこは油どおしされており、噛むと弾けるようにきのこの味が広がる。きのこごとの食感の違いも楽しく、見た目以上のポテンシャルを秘めたひと品となっている。

1/2ページ

最終更新:10/9(日) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ