ここから本文です

東京ルールブック最終回: バツイチ組にはモテ・フィーバー?男女ともに人生を謳歌する38歳

東京カレンダー 10/9(日) 5:20配信

大都市・東京と言う舞台を最大限に活かし、目を輝かせながら東京生活を謳歌する人がいる一方で、大都市の黒い波に呑まれて奈落の底に突き落とされる人もいる。

【この記事の全ての写真】

東京生活を生き抜く上で、知っておくべきルール。

武器も持たず、手探り状態で進む人より、先に攻略法を知っている人が得をし、 東京ゲームを制する仕組みになっている。

ステップアップしていくのか、道を踏み外すのか......
一つの選択が、人生を大きく左右する。

日々東京で戦うプレイヤーたちに、 賢く華麗に東京を生き抜くためのルールをこっそり教えよう。

最終回の今回は、38歳が押さえておきたいルールを紹介する。

<38歳女性の必須アイテム>

・他の人に比べて自慢できる何か
・自分にしかできない仕事
・アップグレードされた女子会(『アッピア』『NARISAWA』『L'Effervescence』など)
・良いレストランは自分で行ける財力
・男性顔負けのパワー
・美容医療の開始
・美食に関する意識
・ドレスアップして出かけるパーティー
・9cmのピンヒール
・たるまない身体作り

「来週の女子会どこにする?」
「んーパレスホテルの『CROWN』は?」
「いいね、じゃあ予約しとくね。」

女性は38歳に成ると再び強くなる。20代の時より更なる進化を遂げて、パワーアップして市場に戻ってくる。

38歳の女は、ある意味では28歳の女より無敵!?

38歳の女性は強い。様々な経験を経て、パワーを蓄えてバージョンアップして帰ってきた。マリオがスーパーマリオになって市場に帰ってきたのだ。

20代の頃と比べると財力もあり、行きたいお店は自分で行けるようになる。男性に頼らなくても生きていける力強さが加わり、もはや圧倒される位だ。

35歳で一度トーンダウンしたはずなのに、再び“女”を取り戻してくる。9cmのピンヒールを履き、ドレスアップしてレストランに集い、パーティーをする。20代の時の楽しかった時代を懐かしみながらも「今が最高!」と言えるように、再び開花するのだ。

シャンパンを片手に語られるのは、パートナー、仕事、美容と健康の話ばかり。「若い彼氏ができたの~!」「来週はこの企業と交渉するんだけど」「あそこの美容クリニックの先生は腕が確かだからオススメ」など話は尽きない。

そんな火がついた38歳女性を、誰も止めることはできない。

そのせいか(?)、男性は強過ぎる同年代の女性よりも、未だ何も知らず、どこへ連れて行っても喜んでくれるような若い女性に走り出す場合も少なくない。

1/2ページ

最終更新:10/9(日) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。