ここから本文です

食べログモンスターレビュアーに悩む店や写真撮影者警戒の店

NEWS ポストセブン 10/10(月) 7:00配信

 初めての飲食店を訪れる際に、多くの人が使用しがちな口コミグルメサイト「食べログ」。実は、書かれる店側にとっては、悩みの種でもあるという。そんな裏事情について、語ってもらった。

「店のオーナーが近所の類似店を貶めるため、食べログにアカウントを作って低評価をつけるというのはよくある話です」(飲食業界関係者A氏)

 利用客以上に、実は店舗側も食べログの評価には気を揉んでいる。ラーメン店の店長B氏が語る。

「以前、有名なレビュアーが自ら名乗って来店し、店員の業務に支障をきたすほどしつこく料理の文句をつけたことがあります。こちらも言いたいことはありましたが、低評価をつけられるとたまらないのでグッと我慢しました。そういうモンスターレビュアーもいるんですよ」

 スマホで撮影する客を警戒する店も。中華料理店の店長C氏が話す。

「以前、『料理の中に髪の毛が入っていた。無料にしろ! 写真は撮ったから証拠はある!』と言ってきた客がいます。実際、こちらの髪の毛が入ったかどうかわからないのですが、その写真を食べログにアップされてしまったんです。その内容が明らかに誹謗中傷だったので食べログ側に削除してもらいましたが、それ以来、スマホで写真を撮り始めた客は警戒するようにし、食べログの書き込みの内容もこまめにチェックするようにしています」

※女性セブン2016年10月20日号

最終更新:10/10(月) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。