ここから本文です

視聴率に新指標導入でも「実態把握」には疑問符がつく

NEWS ポストセブン 10/10(月) 7:00配信

 ビデオリサーチの視聴率測定が変更されると発表になった。なかでも注目されるのは、新しく「タイムシフト視聴率」と、録画とリアルタイム視聴をあわせた「総合視聴率」という新たな指標が算出されることだ。もっとも早い関東地区では2016年10月から対応し、来年10月には関西地区と名古屋地区へと広げ、2020年にはすべての地区で対応予定だ。求められている視聴「質」測定への道のりは、まだ長そうだ。

「ハッキリ言って時代遅れでしょう。関東地区だとたった900世帯しかサンプルがない。テレビを持たない世帯は対象外だし、本音を言うと視聴率で何が分かるんだ! と思っています。でも、今は視聴率しかテレビを計る指標がないから、思いを押し込めながら数字を上げようと仕事しています」(番組制作会社勤務・30代男性)

 現在のビデオリサーチによる視聴率調査は、関東地区がこの10月から増えて900世帯、関西地区・名古屋地区が600世帯、それ以外も含めて全国で合計6900世帯のサンプリングから測定されている。ビッグデータの有用性が叫ばれる時代なのに物足りないデータだとよく指摘されている。

 しかし、これについてビデオリサーチは10月からの仕様変更発表とあわせて現在の無作為抽出による有用性も訴えている。それによると、ビッグデータは「使う用途によっては優れたデータですが、調査エリアのデータを”あまねく”収集できてはいないので、ある種の偏りが生じる」のだという。

 サンプリング方法と調査精度の問題は、統計の専門家に議論してもらうことにして、リアルタイム視聴率、タイムシフト視聴率、総合視聴率の3本立て測定方法では、知りたいのに調べられない視聴者が多すぎると言われている。

「その番組をきちんと見てくれる人が多いのか、ザッピングでときどき見てくれる人のほうが多いのか、いまの測定方法だとわかりません。そして、テレビ以外のデバイス、タブレットやスマートフォン、PCで見ている人は調査対象から除外されています。いま民放がすすめている見逃し配信も含まれない。測定にスマートデバイス対応の検討もすすめると言っていますけど、対応するのを待っていたら多くの潜在的視聴者を逃しそうで怖いです」(情報番組制作スタッフ・20代男性)

1/2ページ

最終更新:10/10(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。