ここから本文です

「負けは絶対に許されない」山口蛍、W杯出場への大一番を見据える

東京ウォーカー 10/10(月) 7:15配信

サッカーのロシア・ワールドカップ(W杯)出場をかけたアジア最終予選の第4戦が、10月11日(火)に行われる。6大会連続6回目の本大会出場を目指す日本代表は、敵地でオーストラリア代表と対戦。9日(日)に現地で練習を行った。

【写真を見る】オーストラリアのメルボルンで練習を行う日本代表

日本代表は最終予選3試合を終えて、2勝1敗で現在はグループBの4位。グループ上位2カ国に与えられる本大会の出場権獲得に向け、首位のオーストラリア代表戦は大一番となる。

6日(木)に行われ、2-1で勝利したイラク代表戦で決勝ゴールを挙げた山口蛍選手は、「今後を大きく左右する試合になるのは間違いないだろうし、勝ちと引き分けでは違う。もちろん負けは絶対に許されない」と決戦を見据える。

オーストラリア代表の印象については、「高さもあるが、それだけではない。後ろからつないでくるイメージがあって、そこは結構危険かもしれない」とコメント。「後ろからつないでくるのには、組織でしっかり守ることが大事かなと思う。個々で(ボールを奪いに)行ってもかわされると思うので、チームとしてひとつになっていくのが一番大事」と戦いのイメージを口にする。

「大事な試合で負けてはいけないと選手全員が思っているし、僕個人としてもそう思う。最初から全力で持てるものをすべて出していきたい」

4位の日本代表と首位のオーストラリア代表の勝ち点差は、わずかに1差。勝てば一気に首位浮上まで狙えるが、負ければW杯出場が遠のく一戦となる。

日本代表の決戦を、しっかりと見届けよう。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

最終更新:10/10(月) 7:15

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。