ここから本文です

連休で遊び疲れた体に「エスニックなす」料理が効く!

東京ウォーカー 10/10(月) 15:30配信

連休疲れで、今日はもう料理なんてしたくない…でもおいしいものは食べたい…。そんなジレンマを解消してくれる「蒸しなすのエスニックだれがけ」。レンジでチンの簡単メニューですが、味は本格派。にんにくの疲労回復効果で、やる気も湧いてくる…かも!? 

【写真を見る】なすは低温に弱いので2~3日なら常温で。それ以上保存するときは、冷蔵庫の野菜室で、水分が蒸発しないようポリ袋に入れて保存を



【蒸しなすのエスニックだれがけ】(1人分40Kcal、塩分1.4g)



<材料>(2人分)

なす2個(約160g)、にんにくの薄切り1/2片分、エスニックだれ(レモン汁、ナンプラー、グラニュー糖各小さじ2)、一味とうがらし少々、水大さじ1



<作り方>

(1)なすは全体をフォークで刺して穴をあける。ラップを広げ、なす1個、にんにく半量をのせて包む。同様にしてもう1個作る。

(2)電子レンジで約2分30秒加熱し、なすがやわらかくなったら取り出し、そのまま粗熱をとる。

(3)なすを縦に粗く裂いて器に盛る。にんにくをのせ、エスニックだれの材料を混ぜてかける。

なすは切り口が新しく、皮がピンとして全体に張りがあり、光沢のあるものを選びましょう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/22(土) 12:42

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。