ここから本文です

浦沢直樹先生と大手出版社社員にラブホW不倫の真相を直撃《一問一答》

週刊女性PRIME 10/10(月) 21:00配信

 『YAWARA!』『MASTERキートン』などの人気作品を連発してきた漫画家の浦沢直樹。浦沢はコミックの売り上げが累計1億部を突破するほどの売れっ子だ。しかし、そんな彼が大手出版社の社員であるAさん(50代の女性)と不倫関係にあることが発覚した。

 浦沢には妻と娘がおり、Aさんにも家庭がある。つまり、W不倫ということになる。「週刊女性」本誌は8月と9月に、このふたりが密会する現場を2回ほどキャッチしている。

 そして10月5日の午後2時過ぎにも、原宿のカフェ『M』で軽食をするふたりを目撃。時折、親密そうに顔を寄せて話をする。店内を見ると、面接をしている客が。

浦沢「(声を潜めて)なんかの入社試験なんじゃない?」

Aさん「入社試験で、最近読んだ本の感想聞くと“あ、この子。本読んでないなー”ってすぐわかるんですよね」

 と、Aさんの敬語は崩れないものの、腹を割って話をしているような親密ぶりが感じられる。Aさんが支払いをすませ領収証をもらっていた。店を出て、駐車場に戻ってきたところを直撃した。

─おふたりは交際されているのですか? 

浦沢「なんですか、急に。全然、心外ですよ。そういったことはありません」

Aさん「打ち合わせでお会いしました。今日もそうです」

 息の合った受け答えは冷静だが、次の質問で顔色が変わった。

─おふたりで渋谷のラブホテルに行かれていますよね? 

Aさん「いえ、別人です」

浦沢「関係はないです」

─写真があるのですが。

Aさん「別人です」

浦沢「(事実は)ありません」

 別人というなら、浦沢が誰かほかの女性とラブホテルに入ったことになる。

─ラブホテルに入るような関係は一切ない? 

Aさん「関係はないです。先生と行ったことは、ね」

浦沢「ないですよ」

─では、先生にそっくりな方とホテルに入ったことは? 

Aさん「ないないない、ないですよ!」

浦沢「めちゃくちゃだね」

 少しずつ答えが乱れ始める。

─でも、目黒の『E』には行かれていますよね? その前に食事もされています。

Aさん「それは私のプライバシーですから……」

 完全に否定する言葉にはならなかった。あくまで打ち合わせで会っていたと主張。

Aさん「私も人のことを言えない会社にいますから。こうして公人の方と食事に行くとなると、そういう見方をされることもわかります」

 Aさんの会社の雑誌でも週刊誌を出版しているので、取材には理解を示してくれたようだ。今回はサイン本を渡しただけだと話す。

─ラブホテルに行っているということがあったので。

Aさん「それは誰が目撃したんですか。先生と私に嫉妬する人とか?」

─8月と9月に、少なくとも2回行っていますよね? 

浦沢「僕ひとりでラブホテルに行ったとしても、それは大問題ですよ」

 必死に取り繕ってはいるが、その目には明らかに動揺の色がうかがえる。

─写真があっても、一緒ではなかったと? 

浦沢「一緒ではないですね」

 ホテルに行ったことは否定できなくなっても、Aさんとではないと強調する。

浦沢「ただ、こういうふうにして、根も葉もないところでも(記者が)いらっしゃるのだなぁと。(漫画の)取材にはなりましたけどね。僕の取材になったってことですよ、ドラマ作りの」

─では、写真の人物は別人なんですね? 

Aさん「それはとてもプライベートなことなので。申し訳ないですけど」

 話を終えると、ふたりはそろって街の喧噪に消えて行った。

最終更新:10/10(月) 22:18

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。