ここから本文です

マリーンズファーストステージ敗退。伊東監督「来季に関しては、 今のところは何も言えない。やっぱり僕は強いチームを作りたい」

ベースボールチャンネル 10/10(月) 6:50配信

ロッテらしい攻撃を見せられず

 ファーストステージ突破に王手をかけている福岡ソフトバンクは千葉ロッテに相性が良く、今季も対戦成績2勝0敗、対戦防御率1.20のバンデンハークが先発した。

 一方、初戦を落としてもう後がないロッテは、今季のパリーグ最優秀防御率投手の石川歩が満を持して登板。両監督の期待どおり序盤から息詰まる接戦が展開された。

 初回、先制点は昨日に続いてロッテ・清田育宏のバットからだった。
 プレイボール直後のバンデンハークの150キロの直球を思いきりよく振り抜くと、2試合連続となる先頭打者本塁打。これでロッテが主導権を握るかに思われた。

 しかし、ロッテは加藤翔平の右翼線二塁打と角中が四球を選び作った無死1、2塁のチャンスを、昨日2本塁打の4番デスパイネがショートへの併殺打。続く5番福浦の三振で結果1点どまり。一気攻勢のチャンスを潰す。

 2回表にも先頭のナバーロが右前に運んで無死一塁の好機を掴むも、6番鈴木の犠打失敗で走者を二塁へ送ることができず無得点。リードを奪いながら福岡ソフトバンク側へムードが傾く嫌な展開になっていく。

 ロッテ先発の石川は、走者を出しながらも粘りの投球で3回まで無失点に抑える。

 4回裏、ソフトバンクは5番長谷川の四球を足がかりに松田の三塁ゴロの間に二塁へ進塁。ここでこの日、7番に起用された明石が左前へポトリと落として同点。

 5回裏にはこの回先頭の9番高谷の左中間二塁打と1番中村晃の犠打で1死3塁とチャンスを広げると2番本多の右前打で勝ち越しに成功。前日のヒーローとは違う二人の伏兵の活躍で一気に逆転した。
 
 その後、6回表にロッテは二死から福浦の死球とナバーロの四球で同点のチャンスを作るが、ここであと一本が出ずに無得点。
 一方で、ソフトバンクは8回裏に内川の中前安打と途中から右翼の守備に入った福田の犠打、松田、明石の連続四球で1死満塁とチャンス。ここでロッテ4番手の西野から今宮が
 左前に2点適時打を放ち勝利へ前進する。

 このリードを7回から岩嵜、8回スアレス、9回サファテの必勝リレーでソフトバンクが逃げ切りファイナルに進出。13日から札幌で北海道日本ハムと日本シリーズ進出をかけて戦うこととなった。

1/2ページ

最終更新:10/10(月) 6:50

ベースボールチャンネル