ここから本文です

アイグロスなどでまぶたをツヤツヤにしたいけど、二重の線にたまっちゃう。どう使えばいいの? [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 10/10(月) 12:00配信

講師はヘアメイクアップアーティストの室岡洋希さん。モードで女性らしいメイクが得意な室岡さんが、初心者でも簡単に実践できるテクニックを伝授してくれました。

Q:ツヤっぽいリキッド状のアイシャドウを使いたいけど、二重にたまって変なスジができちゃいます…。コレってしょうがないの?

A:使い方さえ間違えなければ、スジにはならないはず!

上手くいかない要因として考えられるのが、量が多すぎること、そしてすごく雑に塗っているということ。あとは、ベースメイクがしっかりなじんでいない可能性も。 丁寧にうすくうすくのばしてあげるのが、一番うまくいくコツです。

アイグロスのよさって、実は広めに塗ってこそ発揮されるもの。 目のキワ部分に塗って二重のなかに隠れてしまったらもったいない! 目を開けたときにきちんと見えるように塗ってあげましょう。

<一番簡単な塗り方をお教えします。>

1.まず目のキワではなく、まぶたの真ん中に色をのせる。

2.それを上に向かってのばしていく。このとき、小指を使うと自然とアイホールの形にぼかすことができます。

3.最後に、指に残ったものを目のキワに塗る。

たったコレだけで、グラデーションをつくる必要はありません。 初めからたっぷりのせず、少しずつのせていき足りない場合にプラスするくらいの方がいいでしょう。

このやり方でもヨレてしまうときは、あとから指でのばして直せばOK。 いつ直しても汚くならないのがアイグロスのいいところなので、うまく活用して下さい!

最終更新:10/10(月) 12:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。