ここから本文です

ソウルの橋に見た「終わりなき世界」

WIRED.jp 10/10(月) 20:10配信

ソウルを訪れると、韓国北部を流れる河川「漢江」に、27もの巨大な橋が架かっていることに気づくだろう。どれもが個性的な橋で、訪れた旅行者たちはその姿を写真におさめたくなる。

【漢江にかかる「橋の下」写真ギャラリーはこちら】それぞれ違った幾何学模様が美しい

写真家マヌエル・アルバレス・ディエストロもそうだった。しかし彼が興味を惹かれたのは、そのアーチの形状やライトアップされた姿ではない。ディエストロは「橋の下」で撮影を行い、そこで想像以上にずっと素晴らしい空間をとらえた。

ディエストロは橋が架かっている方向と並行にカメラを構え、無限に続くようなその幾何学模様を撮影する。橋脚が連続していくつも連なり、その中心に吸い込まれるように消失点に到達する。まるで錯視のようで、とても魅惑的だ。

イギリスから韓国に移住した矢先の2016年1月、ディエストロはこのシリーズを撮り始めた。自転車で川沿いを走っていて、その途中で休憩のため漢江の中州・汝矣島にある麻浦大橋の下で止まった。すると、すぐに橋の下に見えるコンクリートの柱と梁の景色に目を奪われた。「端から端までその架かっている橋の姿が絶妙だったんです。まるで無限に続いているような遠近感があって」とディエストロは振り返る。

それから6カ月間というもの、ディエストロは橋の下にある自転車専用道を走り続けた。そして、直線に連なる橋脚を撮影するために自転車を降り、撮影にうってつけの場所を見つけるまで、泥にまみれたり草をかき分けて歩いた。撮影は常にうまく行くとは限らず、何度も同じ橋に通ったりもした。

ディエストロの作品は、歩みを緩め、普段見慣れた場所をいつもと違った角度から眺めてみることの大切さを教えてくれている。橋の下の様子なんて、誰も普段気にも留めやしない。そんな場所で、ディエストロは素晴らしい光景に遭遇したのである。

LAURA MALLONEE

最終更新:10/10(月) 20:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。