ここから本文です

【ド軍番米国人記者の眼】前田健太、家族とともにメジャーに適用した1年目

ベースボールチャンネル 10/10(月) 16:30配信

11日、地区シリーズ第3戦に登板

 ロサンゼルス・ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は、前田健太が彼の人生において、記念すべき試合となるだろう大一番の数日前、メディアに釘を刺した。それにより、皮肉にも我々は、何カ月も記事にしてこなかった、あることを思い出すことになった。

「前田がメジャーに慣れたかどうか、遠征や米国での暮らし方、家族は大丈夫なのか、中5日に対する調整方法など、試合に直接関係のない話題はご遠慮いただきたい」

 前田のメジャー移籍に伴い、家族も米国へ渡ってきた。

 3歳になる彼の娘も当然、海を渡って新たな環境に身を置くことになったのだ。ロサンゼルスのメディアはこれまで、家族の環境の変化などについての記事をほとんど報じてこなかった。これが前田のピッチングにも良い影響を与えたと思いたい。正直なところ、このような内容は、我々が憶測を働かせる話題とならなかったのだ。ましてや、わざわざプライベートを覗き見して、前田を陥れようなんて、誰も思ってこなかった。

 その理由は、もちろん、前田自身がここまでに16勝を挙げ、防御率3.48という素晴らしい成績を残し、先発数・投球イニング数でチームトップを走っているからこそだろう。調子が良い選手にわざわざ「調子はどうですか?」と聞く必要は無い。

 念のために伝えておくと、前田曰く、彼の家族も米国生活に慣れているそうだ。通訳を通じて、前田は次のようにコメントしている。

「ロスでの生活は非常に良いものだと思います」

ロサンゼルスの街や環境も移籍時に考慮

 ドジャースはナリーグ西地区のタイトルを勝ち取り、前田は10日月曜(日本時間11日)、本拠地にて最初のポストシーズン先発をつとめる。

 些細な変化が大きな影響を及ぼすこともあるが、前田によると、ロサンゼルスでは食べ慣れた日本食を探すのにも困らないし、娘のために良い幼稚園を見つけることもできたという。3歳になる長女の英語は、ぐんぐん上達しているそうだ。

「娘の英語は、僕より上手いです」と前田が笑う。

 また、彼はつい最近、家族でディズニーランドを訪れるべく、ロサンゼルスから車で1時間ほどのアナハイムに出かけたと語っていた。ディズニーランドと言えば、地元では不人気で有名でもあるテーマパークだ。こちらでは、アトラクションに乗るまでに1時間以上並ばなければならない点に不満を漏らす客も多いのだが、前田には何も気にならなかったという。

「日本のディズニーランドにしょっちゅう通っていました。東京では2、3時間並ぶのも当たり前です。待ち時間が1時間で済むなんて、いいじゃないですか」

 ポストシーズンに突入した現在、チームは試合の中日にも移動や翌日の試合に向けての調整が見込まれるため、前田の家族サービスもしばらくお預けとなりそうだが、家族も気にならないはずだ。

 そして、来シーズンが始まれば、前田は喜んでチームに戻ってきたいと語っている。8年という長期の契約を結ぶ際には、チーム事情だけでなく、チームのある街が、1年の半分を過ごす家族にとっても快適であるかどうかも、大きく影響する。

「もちろん、家族の環境は考慮にいれました」と前田は語る。

「8年契約となると、娘はこちらで小学校にも長く通わなければならない。僕だけの判断ではなかったです」

 公私ともに充実した日々を送る前田。家族の応援を背負い、ポストシーズンの活躍も期待できそうだ。


JP・ホーンストラ(ドジャース担当)
翻訳:阿部寛子

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:10/10(月) 16:30

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。