ここから本文です

代表活動の長距離移動で千載一遇の好機を逃す? 独メディアが香川のコンディションを不安視

Football ZONE web 10/10(月) 11:52配信

怪我人が続出するドルトムント 香川のライバルも次節は欠場の見込みだが…

 日本代表MF香川真司の苦悩はまだまだ続きそうだ。ドルトムントで今季中盤のレギュラーとして君臨する元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロとポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロだが、両者は負傷で代表ウィーク明けの14日に行われるヘルタ・ベルリン戦を欠場する見込み。しかし、アジア最終予選を経てオーストラリアからの長期移動が必要な香川も出場が疑問視されている。独サッカー情報サイト「Fussball.news」が報じた。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 記事ではドルトムントに負傷者が続出し、好調ヘルタとの一戦で多くの主力が欠場する可能性があるとレポートしている。長期離脱中で、練習ではまだランニングを始めたばかりのドイツ代表MFマルコ・ロイスは復帰までに時間を要するほか、前節のレバークーゼン戦で鼠径部を痛めたカストロは4週間程度の離脱となり、ヘルタ戦は欠場が濃厚だという。

 さらにポルトガル代表のゲレイロは、7日のアンドラ戦で負傷。程度は軽いと見られているが、精密検査の結果はまだ明らかになっていない。公式戦3試合連続欠場中のスペイン代表DFマルク・バルトラとともに、ヘルタ戦の出場については不透明な状況となっている。

 そして、UEFAチャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦で値千金の同点ゴールを決めたドイツ代表FWアンドレ・シュールレもレバークーゼン戦でメンバー外となるなど、膝のコンディションが思わしくない状況。こちらもヘルタ戦を欠場する可能性がある。

オーストラリア戦後、ドイツ到着は試合前日

 こうして故障者続出のなか、香川は長距離移動によるコンディション低下が懸念されている。11日のオーストラリア戦後、ドイツへの到着が試合前日の13日になる予定だ。同じくアメリカ代表に合流していたMFクリスチャン・プリシッチも合流が遅れる可能性があったものの、最新情報ではアメリカを率いるユルゲン・クリンスマン監督がプリシッチを予定よりも早くクラブに戻ることを許可した模様だ。

 絶好調のゲレイロやカストロの離脱はドルトムントにとって大きな痛手だが、公式戦7試合連続でスタメン落ち(2試合はメンバー外)が続く香川にとっては、アピールのチャンスとなる。しかし、長距離フライトによって千載一遇の好機がその手からこぼれ落ちる可能性が高まっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/10(月) 11:52

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。