ここから本文です

石原さとみ 美の秘訣は「リラックスする時間をもつこと」

女性自身 10/10(月) 6:01配信

「学生時代からこの枠で女性が働くドラマを見てきて、登場する職業やファッションに憧れていたので、私もそういう印象を与えられたらと思います」

 そう語るのは、日テレ“水10”のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で、原稿の不備などを確認する「校閲」の仕事に挑戦する石原ひとみ(29)。自身のインタビュー原稿も、校閲のチェックを通っているということを初めて知ったそうで、「助かっています」とほほ笑む。言葉にまつわるこんな話も。

「デビューした15歳から22歳くらいまでは、どんな場面で話す内容でも、すべてマネージャーさんに事前に報告していました。そのなかで、言っていいことや悪いこと、人の気持ちや立場を考えて発言することの大事さを学んだので、いまはものすごく自由です(笑)」

 多忙を極める彼女が、美しくいられる理由はなんだろう?

「親友の子どもに会いに行くと自分自身に戻れる気がして、無理しない時間って大事なんだなと気づいたんです。去年くらいまでは、プライベートでも仕事の話をしたりとか、切り替えなくてもいいと思っていましたが、まったく違う話をすることがなんて心地いいんだろう、と。友達や家族に会って、リラックスする時間を持つ。ちゃんとオンとオフを切り替えられるようになってから、気持ちがラクになった気がします」

最終更新:10/12(水) 18:38

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。