ここから本文です

「NGなしです!」売れっ子・KangNam、映画PRで胸キュンシーン実演

女性自身 10/10(月) 19:20配信

日本と韓国のハーフで歌手、タレントとして活躍するKangNam(29)が6日、都内で行われた、自身が宣伝大使を務める韓国映画『ハッピーログイン』のイベントに登壇。人気俳優のユ・アイン(30)が劇中で披露し、韓国で話題となった“トレンチキス”を実演した。

同作は、ドラマ『冬のソナタ』や映画『連理の枝』で日本でも人気を博す女優チェ・ジウ(41)の10年ぶりの日本公開作としても注目を集めている。KangNamは、昨年、韓国で大ブレイク。バラエティー番組のレギュラーを8本抱え、“韓国で最も有名な日本人”と言われている。今年5月には日本でも活動を開始し、両国の架け橋的な存在であることから、今回、映画の宣伝大使に抜擢された。

この日、韓国のバラエティー番組『ジャングルの法則』のロケから帰ってきたばかりだというKangNamは、「日本語があまり出てこないの!」と言いつつも、「5キロほど痩せて、また黒くなりました。そうしたらファンから“エロいね”って言われて(笑)。どんどん黒くなろうと思います」とMCを圧倒するマシンガントークを展開。

イベントの途中では、映画の見どころである、ユ・アイン演じるノ・ジヌがトレンチコートで相手を隠しながらキスをする“トレンチキス”を、招待された一般客を相手に再現する一幕も。

最近では、フジテレビ系『ホンマでっか!?TV』、『指原カイワイズ』に出演し、活動の幅を広げているKangNam。日本では本名の滑川康夫として活動しており、「(今後も日本のバラエティー番組への出演がいくつか決まっています。“やれ”って言われたことは何でもやります! NGなしです」とやる気満々。最後は「ペ・ヨンジュンさんやチャン・グンソクさんのように韓国と日本の架け橋になりたいです!」と意気込んだ。

映画『ハッピーログイン』は10月15日より、新宿バルト9、T・ジョイPRINCE品川ほかで限定公開される。

最終更新:10/10(月) 19:20

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。