ここから本文です

D・アウベスの後釜発掘を急ぐバルセロナ 獲得を狙う「右サイドバック5人」とは

Football ZONE web 10/10(月) 16:26配信

中盤のS・ロベルトを右SBにコンバート 昨季加入のビダルはここまで期待に応えられず

 スペイン王者バルセロナは、スペイン代表DFアレイシ・ビダルのパフォーマンスに満足しておらず、右サイドバックをターゲットに新たな補強に動くようだ。21歳の若手から34歳のベテランまで幅広い年齢層で、多彩な顔ぶれが候補に挙げられている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 今夏、長年右サイドで不動の存在だった百戦錬磨のブラジル代表DFダニエウ・アウベスがユベントスへ移籍。後釜として中盤が本職のMFセルジ・ロベルトがコンバートされ、リーグ戦では7試合中5試合で先発フル出場している。

 一方、15年夏にセビージャからの加入が決まり、補強禁止処分の影響で今年1月からプレーしているビダルは期待に応えることができず、今季の出場はスペイン・スーパーカップ第2戦のセビージャ戦と3節のアラベス戦の2試合のみ。昨季からの通算でもわずか16試合でしか起用されておらず、ルイス・エンリケ監督からの信頼も薄い状況だ。

 そこでクラブの補強担当であるロベルト・フェルナンデスSDが右SBとして新たに5選手をリストアップしている模様だ。候補に名前が挙がっているのは、バルセロナの下部組織出身でアーセナルのスペイン代表DFエクトル・ベジェリンをはじめ、今年ポルトガル代表にデビューしたばかりのバレンシアの新鋭DFジョアン・カンセロ、本職はボランチで、万能性の高いバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFジョシュア・キミッヒ、シャフタール・ドネツクの主将DF元クロアチア代表DFダリオ・スルナ、D・アウベス加入のあおりを受けるユベントスのスイス代表DFステファン・リヒトシュタイナーだという。

S・ロベルトに続く人材発掘が急務に

 新たな右サイドバック候補として、20歳前半のベジェリン(21歳)やカンセロ(22歳)、キミッヒ(21歳)という伸びしろ十分のヤングスターから、スルナ(34歳)とリヒトシュタイナー(32歳)という30代のベテランまで、特長も異なる選手たちの名が獲得リストにあるという。

 リーグ戦では格下のアラベスやセルタに敗戦を喫するなど、やや不安定な戦いぶりが続いているバルサ。S・ロベルトが出色のパフォーマンスを披露しているが、それに続く選手の発掘は急務となっているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/10(月) 16:26

Football ZONE web