ここから本文です

「サネッティのようになりたい」生涯インテルを願う、若き主将イカルディ

フットボールチャンネル 10/10(月) 11:30配信

 先日、インテルと2021年までの契約延長を発表したイカルディは『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じ、「サッカーの世界では何が起こるかわからないから、ずっとインテルに残るという約束はできない。でも、私の願いは、インテルにおけるハビエル・サネッティ、ローマにおけるフランチェスコ・トッティ、ミランにおけるパオロ・マルディーニのようになることだ」と想いを語っている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 そして、23歳のアルゼンチン人FWは「人々は、彼らが一つのチームでプレーし続けてきたということで記憶に残しているわけであり、自分もそうした存在になりたい」と続ける。

 また、今のインテルについて「我々はどのチームにも劣っていない。高いクオリティを持ったプレーヤーたちを抱えている。我々が皆望めば、大きなことを達成し、目標を手に入れることができるのだ」とコメントしている。

 20歳でインテルに加入し、今季で4シーズン目。23歳の若さにしてすでにチームでは絶対的な存在だ。イカルディがエースとして、キャプテンとして、着実にチームの歴史に名を残しつつあるのは間違いないところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:10/10(月) 11:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。