ここから本文です

小林、カウンターからチャンス創出をイメージ。豪州は「SBが高い位置に上がる」

フットボールチャンネル 10/10(月) 21:28配信

 日本代表は10日、翌日のロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア代表戦に向けて、試合会場のドックランズスタジアムで公式練習を行った。

 小林悠はスタジアムについて「芝生もいいし、すごくいいところだなと思う」と感想を述べ、左足首の怪我で別メニューだった岡崎慎司が合流したことに関しても「すごくいい雰囲気でやれているんじゃないかなと。いい緊張感もありますけど、すごく声も出ている」とチームのムードも良好であると話した。

【日本代表vsオーストラリア代表】過去5戦の対戦成績

 他の選手同様、小林もオーストラリアは「ボールを大事に繋いでくる。今までの印象とはちょっと違う」と感じている。やはり、ロングボールを多用するパワフルなスタイルとは一線を画すチームになっているようだ。

 オーストラリアがボールを保持する時間が長くなるとすれば、日本はカウンターのチャンスが増えるかもしれない。相手DFとの駆け引きや、裏への抜け出しが得意な小林のようなタイプはより活きる可能性がある。「サイドバックが結構高い位置に上がったりする。ボールを奪った後はカウンターでそういうところをうまく突ければ」と小林は言う。ピッチに立つことがあれば、自身の持ち味を存分に発揮し、得点に絡むプレーを見せたいところだ。

(取材:元川悦子【メルボルン】、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/10(月) 21:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ